ザジテンによる副作用

公開日:  最終更新日:2017/08/11

ザジテンとは

ザジテン(Zaditen)とは、様々なアレルギー症状を抑えるためのお薬です。

主成分の、ケトチフェンフマル酸塩(Ketotifen Fumarate)は、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの神経受容体(H1受容体)と結合することにより、ヒスタミンの産生を抑制します。

これにより、花粉症等のアレルギー症状を緩和し、喘息発作を起こりにくくする作用が期待されます。

また、ロイコトリエン等のアレルギー関連物質の抑制にも効果があると言われています。

適応症は、以下の通りです。

・気管支喘息
・アレルギー性鼻炎
・蕁麻疹(じんましん)
・湿疹
・皮膚炎
・皮膚そう痒症

但し、本剤は、アレルギー症状を緩和するためのお薬であり、気管支喘息等の発作そのものを止めるものでは、ありません。

喘息発作時には、気管支拡張作用のあるお薬をご利用ください。

ザジテンは、ノバルティス ファーマ株式会社により製造販売されています。

尚、本剤は、一般市販薬としても、販売されております。

スポンサーリンク

主な副作用

ザジテンの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・眠気がする
・けん怠感がある
・口が渇く
・悪心がある

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
痙攣(けいれん) 興奮状態が継続する、怒りっぽい、ぼんやりする、よろめく、吐き気がする、眩暈(めまい)がする、下肢コントロール不能になる、筋肉の付随現象がみられる等
興奮 集中力が欠如する、落ち着きがない、不眠になる、手足が震える、乳幼児の場合は急に不機嫌になり泣き止まない等
肝機能障害 倦怠感が増大する、食欲が低下する、呼吸困難になる、吐き気がする、常に眠い状態、黄疸がでる、AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、γ-GTP値が上昇する、総ビリルビン値が上昇する等
黄疸 嘔気がある、嘔吐する、食欲不振になる、倦怠感がある、そう痒がある等、皮膚や白目が黄色くなる、下痢する、全身の脱力感がある、38度から39度の発熱がみられる、ブツブツ状の発疹ができる等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
泌尿器 頻尿になる、排尿痛がある、血尿がでる、残尿感等の膀胱炎様症状がみられる
過敏症 浮腫ができる、多形紅斑がみられる、発疹ができる、蕁麻疹(じんましん)がでる
精神神経系 一過性の意識消失がみられる、易刺激性がみられる、不眠になる、神経過敏になる、鎮静する、眠気がする、けん怠感がある、口が渇く、眩暈(めまい)がする、ふらつく、頭痛がする、味覚異常になる、しびれ感がある
消化器 悪心がある、腹痛がある、下痢する、嘔吐する、胃部不快感がある、食欲不振になる、便秘する、口内炎ができる
肝臓 LDH値が上昇する、γ-GTP値が上昇する、AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、ALP値が上昇する
その他 ほてりがある、動悸がする、月経異常がみられる、体重が増加する、鼻出血がある
過量投与 傾眠がみられる、見当識障害がみられる、チアノーゼがみられる、呼吸困難になる、発熱する、錯乱がみられる、痙攣(けいれん)する、頻脈になる、徐脈になる、低血圧になる、眼振がみられる、可逆性昏睡になる等。特に小児では、興奮性が亢進する、痙攣する

 

雨アラート
開発元:Team White
価格:無料

雨域の接近を通知するアンドロイドアプリです。
外出や洗濯物のタイミングにとても便利。動作は日本付近限定です。
必要最小限の機能で省電力設計。これ1つ入れておくだけで以外と役に立ちます

ザジテンについて

持病やアレルギーのある方は、事前に医師とご相談ください。

眠気が発現する場合がありますので、車の運転や危険を伴う作業等は、控えてください。

本剤は、第2世代の抗ヒスタミン薬(ヒスタミンH1拮抗薬)です。

そのため、抗コリン作用等、第1世代で多く見られた副作用(口が渇く、排尿困難等)の発現は、抑制されています。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・本剤の成分に対して、過敏症の既往歴のある方
・てんかんの方、又は、その既往歴のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・てんかん以外の痙攣性疾患(けいれんせいしっかん)の方
・てんかん以外の痙攣性疾患の既往歴のある方
・高齢の方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・授乳婦の方
・小児等

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、医師とご相談ください。

・中枢神経抑制剤(鎮静剤、催眠剤等)
・抗ヒスタミン剤
・アルコール

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑