ザイザルによる副作用

公開日:  最終更新日:2014/11/06

ザイザルとは

ザイザル(Xyzal)とは、花粉症等により発生する、アレルギー性鼻炎などのアレルギー症状を抑えるお薬です。

主に、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹(じんましん)、皮膚炎などの治療に利用されております。

比較的新しく、眠気などの副作用も従来のものと比べて少なくなっていると、いわれております。

原理としては、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの受容体をガードすることで、症状を緩和します。

尚、対症療法薬であるため、アレルギー自体を根本的に治療するものではありません。

スポンサーリンク

主な副作用

ザイザルの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・眠気がある
・傾眠になる
・頭痛がする
・疲労する
・けん怠感がある
・口が渇く
・嘔気がある

眠気を催す可能性があるため、念のため、車の運転や危険を伴う作業、高い場所での作業等は控えましょう。

腎臓や肝臓に負担がかかるため、腎臓や肝臓に疾患のある方、及び、高齢の方については、服用にあたり、注意が必要です。

てんかん等の持病のある方、又は、以前あった方は、痙攣(けいれん)が現れる可能性がありますので、ご注意ください。

本剤とともに、アルコールを摂取した場合、眠気や倦怠感等の副作用が強く出る場合がありますので、飲酒は避けてください。

以下の薬剤と併用した場合、それぞれ薬剤の効果や副作用を増減させる可能性があります。これらの薬剤を利用されている方は、医師とご相談ください。

・喘息治療薬のテオフィリン(テオドール)
・抗不整脈薬のピルシカイニド(サンリズム)
・エイズの薬のリトナビル(ノービア)
・睡眠薬
・安定薬

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
肝機能障害 吐き気がする、黄疸がある、倦怠感が増大する、呼吸が困難になる、常に眠い状態である、食欲が低下する、AST(GOT)値、ALT(GPT)値、γ-GTP値、総ビリルビン値等が上昇する等
黄疸 倦怠感がある、嘔吐する、嘔気がある、食欲が不振になる、下痢する、そう痒がある等、皮膚や白目が黄色くなる、ブツブツ状の発疹が出る、全身の脱力感がある、38度から39度の発熱がある等
アナフィラキシー様症状 悪寒がする、嘔吐する、紅斑がでる、全身が発赤する、口腔咽頭浮腫ができる、口内に違和感がある、かゆみがする、くしゃみする、顔面が紅潮する、熱感がある、吐き気がする、呼吸困難になる、尿意がある、便意がある、そう痒感がある、顔面や喉頭の浮腫ができる、血圧が低下する、喘鳴(ぜんめい)が聞こえる、発汗がある、眩暈(めまい)がする、血管浮腫ができる、不快感がある、耳鳴がする等
ショック チアノーゼをおこす、呼吸困難になる、意識が消失する、嘔吐する、血圧の低下に伴い失神する、胸内苦悶になる、冷感がある、蕁麻疹(じんましん)がでる、しびれがある、息切れする、顔が赤くなる、動悸がする、痒みがある等
血小板減少 あざができる、歯茎に出血がある、手足に赤い点(点状出血)が出る、鼻血がでる等
痙攣(けいれん) 下肢コントロールが不能になる、興奮状態が継続する、怒りっぽくなる、吐き気がする、めまいがする、ぼんやりする、よろめく、筋肉の付随現象がおこる等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
過敏症 発疹がでる、蕁麻疹(じんましん)がでる、浮腫ができる、かぶれができる、そう痒感がある、血管浮腫になる、多形紅斑ができる、薬疹ができる
循環器 動悸がある、血圧が上昇する、不整脈がある(房室ブロック、期外収縮、頻脈、発作性上室性頻拍、心房細動等)
精神神経系 眠気がある、けん怠感がある、頭痛がする、頭重感がある、ふらふら感がある、しびれ感がある、めまいがする、浮遊感がある、眠れない、振戦(ふるえ)がある、抑うつがある、激越する、攻撃性が増す、傾眠になる、疲労がある、無力症になる、睡眠障害がある、錯感覚がある、幻覚がある
消化器 口が渇く、嘔気がある、食欲がない、胃に不快感がある、下痢する、消化不良をおこす、腹痛がある、腹部に不快感がある、胃痛になる、口唇炎になる、便秘になる、口唇乾燥感がある、嘔吐する、味覚異常がある、口内炎になる、腹部膨満感がある
腎臓・泌尿器 尿蛋白がでる、BUN値が上昇する、尿糖がでる、ウロビリノーゲンが異常になる、頻尿になる、血尿がでる、排尿困難になる
血液 好酸球が増多する、好中球が減少する、リンパ球が増多する、白血球が増多する、白血球が減少する、単球が増多する、血小板が増加する、血小板が減少する
結膜充血がある、霧視する、視覚障害がある
肝臓 ALT(GPT)値が上昇する、AST(GOT)値が上昇する、総ビリルビン値が上昇する、Al-P値が上昇する
その他 咳嗽がある、耳鳴がある、月経異常になる、ほてりがある、息苦しさがある、筋肉痛になる、関節痛になる、胸痛がある、手足のこわばりがある、嗅覚異常になる、鼻出血がある、脱毛する、体重が増加する、呼吸困難になる
過量投与 傾眠の傾向がでる

 

ザイザルについて

ザイザルは、比較的新しい、抗アレルギー薬です。

従来の薬と比較して、全体的に副作用が少なくなっていると言われています。

副作用に関しては、個人差もあり、一概には言えませんが、これまでの所、特に、眠気等の副作用が少なくなっていると報告されております。

もし、従来の抗アレルギー薬を利用していて、これらの副作用に悩まされている方は、一度、医師とご相談され、ご検討されては、いかがでしょうか。
 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑