デュファストンによる副作用

公開日: 

デュファストンとは

デュファストン(Duphaston)とは、黄体ホルモンを補完するためのお薬です。

女性ホルモンの黄体ホルモンとして作用する、合成黄体ホルモン剤です。

黄体ホルモン不足等により発現する、生理不順、無月経、機能性子宮出血、不妊症、流産等を改善・防止する作用が期待されます。

主成分の、ジドロゲステロン(Dydrogesterone)は、天然の黄体ホルモンと同様の作用を示します。

本剤の動物実験では、催奇形性作用が報告されておらず、又、他の合成黄体ホルモン剤にみられる様な、弱目の男性ホルモン様作用も報告されていません。

そのため、古くから安心して広く産婦人科領域で利用されています。

但し、長期に渡っての大量利用はなるべく避けて下さい。もし、長期間継続する場合には、定期的な検査を受ける必要があります。

適応症は、以下の通りです。

・切迫流早産
・習慣性流早産
・無月経
・月経周期異常(稀発月経、多発月経)
・月経困難症
・機能性子宮出血
・黄体機能不全による不妊症
・子宮内膜症

本剤は、アボット ジャパン株式会社により、製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

デュファストンの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・悪心
・食欲不振
・嘔吐

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用は、特に想定されておりません。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
過敏症 発疹ができる等
肝臓 肝機能異常がみられる
電解質代謝 浮腫ができる、体重が増加する
消化器 悪心がある、嘔吐する、食欲不振になる
精神神経系 頭痛がする、眠気がある
その他 倦怠感がある

 

デュファストンについて

持病やアレルギーのある方は、医師とご相談ください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・重篤な肝障害のある方
・重篤な肝疾患のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・心疾患のある方、又は、その既往歴のある方
・腎疾患のある方、又は、その既往歴のある方
・肝障害のある方
・ポルフィリン症のある方

デュファストンは安全なお薬であり、世界各国でも利用されております。但し、だからと言って、長期に渡り大量に服用を継続することは、避ける必要があります。

多くの国で、本剤は安全な黄体ホルモン剤として認められていますが、例えばアメリカでは、黄体ホルモン剤による切迫流産の治療は、積極的に推奨されているものではありません。

本剤は、お薬であることを念頭に置き、決められた用量と用法を守ってご利用ください。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑