プロペシア、フィナステリドによる副作用

公開日: 

プロペシア、フィナステリドとは

プロペシア、フィナステリド(PROPECIA、FINASTERIDE)とは、AGA治療薬です。

男性の脱毛を抑制します。但し、効果が適用されるのは、男性型脱毛症だけであり、円形脱毛症や抗癌剤等による脱毛に対する適用はありません。

また、女性や未成年に対する適用もありません。

男性型脱毛症では、頭頂部や額の生え際の髪の毛が薄くなります。

その原因は、男性ホルモンの一種である、ジヒドロテストステロン(DHT)が、毛髪の成長を抑制するためと言われています。

主成分のフィナステリド(Finasteride)は、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する酵素(5α還元酵素)を阻害することにより、ジヒドロテストステロンの産生を抑制する作用があります。

この作用により、脱毛の進行を遅くし、発毛を促すと言われています。

適応症は、以下の通りです。

・男性の男性型脱毛症の進行遅延

効果の発現には、3か月~6ヶ月の期間、連日服用する必要があります。

服用している間は、脱毛症の進行を遅延させる効果がみられますが、服用を中止すると、元の進行状態に戻ります。

プロペシアは、MSD株式会社(旧:万有製薬)により製造販売されています。

又、同様の成分のフィナステリドは、ジェネリック医薬品として、ファイザー株式会社やマイラン製薬株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

プロペシア、フィナステリドの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・リビドー減退
・勃起機能不全

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
肝機能障害 倦怠感が増大する、食欲が低下する、呼吸困難になる、吐き気がする、常に眠い、黄疸がでる、AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、γ-GTP値が上昇する、総ビリルビン値が上昇する等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
過敏症 そう痒症になる、口唇腫脹がみられる、顔面腫脹がみられる、蕁麻疹(じんましん)がでる、発疹ができる
生殖器 リビドーが減退する、勃起機能不全になる、射精障害がみられる、精液量が減少する
肝臓 AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、γ-GTP値が上昇する
その他 乳房圧痛がある、乳房肥大がみられる、抑うつ症状がみられる

 

プロペシア、フィナステリドについて

プロペシアは、最初、米国メルク社で前立腺肥大症の治療薬として開発が進められていました。

前立腺肥大症に対しては、ノコギリヤシが効果があることが分かっていたため、この植物の薬効成分を研究した結果、化学合成して出来たのが、フィナステリド(一般名)です。

当時、このお薬の被験者に発毛効果が見られたと言う副作用の報告があり、その副作用を利用してAGA治療薬(発毛剤)として使われる様になりました。

つまり、別のお薬の開発段階で発生した副作用を、効能として利用した訳です。

この様なケースは、他のお薬でもよくあることで、珍しいことではありません。

現在、世界60カ国以上で、利用されています。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・本剤の成分に対して、過敏症の既往歴のある方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・授乳中の方

以下の方に対する有効性は認められていません。

・20歳未満の方
・女性の方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・肝機能障害のある方
・高齢の方

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑