ワイパックスによる副作用

公開日: 

ワイパックスとは

ワイパックス(WYPAX)とは、心身をリラックスさせる、精神安定剤です。

ワイパックスの主成分は、ロラゼパム(Lorazepam)で、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬にカテゴライズされる、マイナートランキライザーです。

この成分には以下の様な作用があります。

・抗不安作用
・鎮静作用
・催眠作用
・筋弛緩(緊張緩和)作用
・抗痙攣(けいれん)作用
・自律神経調整作用

精神を安定させる作用が強く、副作用もそれほど多くないため、良く利用されるお薬です。

但し、良く効くからと言ってダラダラと利用し続けると、耐性や依存性が生じる可能性があります。

適応症は、以下の通りです。

・神経症での不安・緊張・抑うつ
・心身症(自律神経失調症、心臓神経症)での身体症候並びに不安・緊張・抑うつ

上記とは別に、応用例として、以下の様な症状にも利用されております。

・パニック障害
・自律神経失調症
・更年期障害
・うつ病
・不眠症
・統合失調症や躁病の急性期
・緊張型頭痛
・頸椎症
・腰痛症
・肩こり
・痙攣(けいれん)性の病気

安全性が高いため、高齢の方も利用でき、幅広い分野で様々な症状に利用されております。

ワイパックスは、ファイザー株式会社により製造販売されております。

スポンサーリンク

主な副作用

ワイパックスの主な副作用は、以下の通りです。

・眠気がする
・ふらつく
・眩暈(めまい)がする
・頭重になる
・頭痛がする
・悪心がある
・胃部不快感がある
・食欲不振になる
・口が渇く

長期に渡る過量服用による耐性や依存には注意が必要です。

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
依存性 連用により薬物依存になる、薬をやめられない
刺激興奮 興奮する、不眠になる、もうろう状態になる、取り乱す等
錯乱 外部状況に対し適した対応が出来ない状態、話や動作にまとまりがない
呼吸抑制(類薬) 頭痛がする、眩暈(めまい)がする、動悸がする、息切れする、不安感がある、判断力が鈍化する

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
精神神経系 眠気がする、ふらつく、眩暈(めまい)がする、立ちくらみがする、頭重になる、頭痛がする、不眠になる、頭部圧迫感がある、耳鳴がする、歩行失調になる、複視になる、霧視になる、舌がもつれる等
循環器 動悸がする、血圧が低下する
肝臓 肝機能異常になる
消化器 悪心がある、下痢する、便秘する、食欲不振になる、口が渇く、胃部不快感がある、嘔吐する、胃部膨満感がある、上腹部痛がある、胸焼けする等
過敏症 そう痒感がある、発疹がでる、浮腫ができる、血管性浮腫ができる、呼吸困難になる
その他 けん怠感がある、脱力感がある

 

ワイパックスについて

ワイパックスは、脳内の、BZD受容体へ結合することにより、リラックス系の神経を活性させます。

これにより、上記に記載した通り、様々な作用が期待されます。

副作用もそれほど多くなく、医師にとっても、患者にとっても安心して利用できるお薬です。

但し、だからと言って、全く副作用がない訳ではありません。

この系統のお薬は、上記でも記載している通り、耐性や依存が発現しやすいお薬です。

良く効くからと言って、ダラダラと利用するのではなく、必要な時にのみ利用する様にしてください。

持病やアレルギーのある方は、事前に医師と相談してください。

また、眠気をもよおす場合があるため、念のため車の運転や危険を伴う作業等は控えてください。

お酒(アルコール)は、この薬の服用中は、控えてください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・急性狭隅角緑内障のある方
・重症筋無力症のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・心障害のある方
・肝障害のある方
・腎障害のある方
・脳に器質的障害のある方
・乳児、幼児
・高齢の方
・衰弱している方
・中等度以上の呼吸不全のある方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・授乳をしている方

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が減少したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、医師とご相談ください。

・中枢神経抑制剤
 (フェノチアジン誘導体、
  バルビツール酸誘導体等)
・アルコール(飲酒)
・マプロチリン塩酸塩
・ダントロレンナトリウム水和物
・プレガバリン

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑