セロクエルによる副作用

公開日: 

セロクエルとは

セロクエル(Seroquel)とは、心を穏やかにする抗精神病剤です。主に統合失調症の治療に利用されています。

主成分の、クエチアピンフマル酸塩(Quetiapine Fumarate)は、脳内のドーパミン受容体(D2)をブロックすることにより、陽性症状(幻覚、妄想、興奮)を抑制し、さらにセロトニン受容体(5-HT2)をブロックすることにより、陰性症状(無感情、意欲低下、自閉)が改善します。

これらの作用により、本剤は、セロトニン・ドーパミン拮抗薬(SDA:Serotonin-Dopamine Antagonist)、または、5-HT2/D2拮抗薬などの呼び名があります。

さらに、アドレナリンやヒスタミン等、様々な受容体に作用するため、多受容体作動薬(MARTA:Multiacting Receptor Targeted Antipsychotic)と呼ばれる場合もあります。

適応症は、以下の通りです。

・統合失調症

上記以外にも、以下の様な症状の改善に、応用される場合があります。

・神経症
・鬱病(うつ)病
・躁鬱(そううつ)病
・パニック障害
・鬱状態
・躁状態
・不安障害
・抑鬱神経症
・強い不安感
・強い緊張感
・抑鬱

錐体外路症状(ふるえ、こわばり)や、高プロラクチン血症(生理不順、乳汁分泌)等の副作用は、比較的少ないとの報告があります。

本剤は、アステラス製薬株式会社により製造販売されております。

スポンサーリンク

主な副作用

セロクエルの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・不眠になる
・神経過敏になる
・傾眠がみられる
・倦怠感がある
・不安になる
・ALT(GPT)値が上昇する
・CK(CPK)値が上昇する
・T4値が減少する
・AST(GOT)値が上昇する
・プロラクチン値が上昇する
・LDH値が上昇する

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
高血糖 のどが渇く、身体がだるい、尿量が増加する、空腹感がある、皮膚が乾燥し痒い、風邪を引き易い、傷の治りが遅い等
糖尿病性ケトアシドーシス 口が渇く(喉のかわき)、多飲になる、倦怠感がある、悪心がある、嘔吐する、低体温になる、体重が減少する、血圧が低下する、頻脈になる、意識障害がみられる、糖尿病性ケトアシドーシスがみられる、高血糖高浸透圧状態になる、低血糖症になる、乳酸アシドーシスがみられる、激烈な腹痛(急性腹症)になる、胃痙攣(けいれん)をおこす等
糖尿病性昏睡 著しいのどの渇きがある、脱水になる、多尿になる、頻尿になる、だるい、食欲が低下する、吐き気がする、悪心がする、嘔吐する、腹痛になる、下痢する、ショックがみられる、昏睡になる
低血糖(低血糖症) 脱力感がある、冷や汗がでる、急激な空腹感がある、悪寒がする、動悸がする、手の震えがある、集中力が低下する、痙攣(けいれん)する、意識障害がみられる、低血糖性昏睡に至る例の報告もある
悪性症候群 無動緘黙(むどうかんもく:無言症。無動無言状態のこと)がみられる、強度の筋強剛(きんきょうごう:筋肉のこわばり)がみられる、嚥下困難になる、頻脈になる、血圧の変動がみられる、発汗等の症状が現れ、その後、発熱する場合がある。抗精神病剤と併用した際に現れることが多い
横紋筋融解症 手足肩を中心とした筋肉痛やこわばりがある、手足がしびれる、赤褐色の尿がでる、脱力感がある、CK(CPK)値が上昇する、血中及び尿中ミオグロビン値が上昇する等、急激な腎機能悪化を伴う
痙攣(けいれん) 全身の筋肉がピクピクする、しびれる、チクチクと痛む、瞬間うとうとと眠くなる、失神する、錯乱する、脱力する、膀胱の調節機能が消失する、興奮状態が継続する、怒りっぽい、ぼんやりする、よろめく、吐き気がする、眩暈(めまい)がする、下肢コントロールが不能になる、筋肉の付随現象がおこる等
無顆粒球症 発熱する、咽頭痛がある、倦怠感がある、口内炎になる等
白血球減少 風邪等の感染症にかかりやすい、風邪等が治りにくい
肝機能障害 倦怠感が増大する、食欲が低下する、呼吸困難になる、吐き気がする、常に眠い状態、黄疸がみられる、AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、γ-GTP値が上昇する、総ビリルビン値が上昇する等
黄疸 嘔気がする、嘔吐する、食欲不振になる、倦怠感がある、そう痒等がある、皮膚や白目が黄色くなる、下痢する、全身の脱力感がある、38度から39度の発熱がある、ブツブツ状の発疹ができる等
麻痺性イレウス 強い腹痛、吐き気、吐く、ひどい便秘、おなかが膨れる等
遅発性ジスキネジア 口をモグモグさせる、歯を食いしばる、噛む、顎を側方にずらす、唇をすぼめたり尖らせたりを繰り返す、舌を突き出す、舌を左右に揺らす、瞬きを繰り返す、額にしわを寄せる、肩をひそめる、しかめ面をする、手指を繰り返し屈伸する、腕を振り回す・ねじる、足踏みする、タップする、体をゆする、くねらす、ねじる、呼吸困難になる、不規則呼吸になる等
肺塞栓症 突然息切れが起こる、呼吸が速くなる、落ち着かない、鋭い胸の痛みがある、眩暈(めまい)がする、失神する、痙攣(けいれん)する、不整脈がみられる、血痰がでる、発熱する、足首や脚のむくみがみられる、脱力感がある、チアノーゼがみられる等
深部静脈血栓症 皮膚の発赤がみられる、胸の痛みがある、ふくらはぎの腫れ・痛み・圧痛・熱感がある、足首・脚・太ももの腫れがある等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
精神神経系 不眠になる、易刺激性がみられる、傾眠がみられる、不安になる、頭痛がする、眩暈(めまい)がする、焦躁感がある、鎮静する、幻覚の顕在化がみられる、健忘がみられる、攻撃的反応がみられる、意識レベルが低下する、昏迷する、神経症になる、妄想の顕在化がみられる、リビドーが亢進する、感情が不安定になる、激越する、錯乱する、思考異常がみられる、自殺企図がみられる、人格障害がみられる、躁病反応がみられる、多幸症になる、舞踏病様アテトーシスがみられる、片頭痛になる、悪夢をみる、うつ病になる、独語がみられる、衝動行為がみられる、自動症になる、せん妄がみられる、敵意がみられる、統合失調性反応がみられる、協調不能がみられる
錐体外路症状 アカシジアがみられる、振戦がみられる、構音障害がみられる、筋強剛がみられる、流涎がみられる、ブラジキネジア(動作緩慢)になる、歩行異常がみられる、ジスキネジアがみられる、嚥下障害がみられる、ジストニアがみられる、眼球回転発作がみられる、パーキンソン症候群になる
血液 顆粒球が減少する、好酸球増加症になる、貧血になる、血小板が減少する
循環器系 頻脈になる、起立性低血圧になる、心悸亢進がみられる、心電図異常がみられる、低血圧になる、高血圧になる、徐脈がみられる、不整脈がみられる、失神する、血管拡張がみられる
肝臓 AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、LDH値が上昇する、Al-P値が上昇する、γ-GTP値が上昇する、ビリルビン血症になる
呼吸器系 去痰困難になる、鼻炎になる、咳が増加する
消化器系 便秘する、食欲不振になる、嘔気がする、食欲亢進がみられる、嘔吐する、腹痛になる、下痢する、消化不良になる、胃炎になる、胃不快感がある、鼓腸放屁がみられる、消化管障害になる、吐血がみられる、直腸障害になる
瞳孔反射障害になる、弱視になる、結膜炎になる
内分泌系 高プロラクチン血症になる、T4値が減少する、高コレステロー ル血症になる、T3値が減少する、月経異常がみられる、甲状腺疾患になる、高脂血症になる
過敏症 発疹ができる、血管浮腫ができる、そう痒がある
泌尿器系 排尿障害がみられる、排尿困難がみられる、尿失禁する、尿閉がみられる、BUN値が上昇する、持続勃起する、射精異常がみられる、インポテンスになる
その他 倦怠感がある、無力症になる、CK(CPK)値が上昇する、口内乾燥がみられる、体重増加がみられる、意欲低下がみられる、多汗になる、発熱する、体重減少がみられる、胸痛がある、筋痛がある、高カリウム血症になる、舌麻痺がみられる、痺れ(しびれ)感がある、背部痛がある、肥満症になる、浮腫ができる、末梢浮腫ができる、ほてりがある、歯痛がある、関節痛がある、顔面浮腫ができる、頸部硬直がみられる、腫瘤がみられる、骨盤痛がある、歯牙障害がみられる、痛風になる、関節症になる、滑液包炎になる、筋無力症になる、痙縮する、悪化反応がみられる、偶発外傷がみられる、耳の障害になる、味覚倒錯になる、ざ瘡がある
過量投与 傾眠がみられる、鎮静する、頻脈になる、低血圧になる等、まれに昏睡する

 

セロクエルについて

本剤の利用に伴い、高血糖になる場合がありますので、ご注意ください。

持病やアレルギーのある方は、医師と相談してください。

アルコール(お酒)は、控えてください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・昏睡状態の方
・バルビツール酸誘導体等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある方
・アドレナリンを利用中の方
・本剤の成分に対して、過敏症の既往歴のある方
・糖尿病の方、又は、糖尿病の既往歴のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・肝障害のある方
・心疾患、血管疾患、脳血管障害、低血圧の方
・上記の疑いのある方
・てんかん等の痙攣(けいれん)性疾患のある方
・上記の既往歴のある方
・自殺企図の既往及び自殺念慮のある方
・高齢の方
・糖尿病の家族歴のある方
・高血糖あるいは肥満等の糖尿病の危険因子のある方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・授乳婦の方

以下の薬剤との併用は、基本的に禁忌です。ご利用されている方は、医師とご相談ください。

・アドレナリン(ボスミン)

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、医師とご相談ください。

・中枢神経抑制剤
・アルコール
・CYP3A4誘導作用を有する薬剤
 ・フェニトイン
 ・カルバマゼピン
 ・バルビツール酸誘導体
 ・リファンピシン等
・CYP3A4阻害作用を有する薬剤
 ・エリスロマイシン
 ・イトラコナゾール等

本剤のドーパミンをブロックする影響で、『満腹中枢』が満たされなくなり、食べる量が多くなる傾向があります。ご注意ください。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑