プロペトによる副作用

公開日: 

プロペトとは

プロペト(PROPETO)とは、軟膏の基材です。

本剤の主成分は、白色ワセリンで、眼科用軟膏基剤、一般軟膏基剤として調剤に利用されます。

さらに皮膚保護剤としても利用されています。

赤ちゃんから大人まで、あらゆる年齢の方に利用可能な保湿剤でもあります。

皮膚が薄い部位や敏感な場所でも、安心して利用可能なため、顔に対して利用される場合が多いとの報告があります。

目にも利用可能なので、その安全性は極めて高いものがあります。

本剤は以下の目的で利用されています。

・眼科用軟膏基剤
・一般軟膏基剤
・皮膚保護剤

応用例として以下の症状にも利用されています。

・アトピー性皮膚炎
・脂漏性皮膚炎
・皮膚炎
・便秘症
・アレルギー性皮膚炎

本剤は、丸石製薬株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

プロペトの主な副作用は、特にありません。

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用は、報告されていません。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
皮膚 接触皮膚炎

 

プロペトについて

本剤は、ワセリンを精製した純度の高い保湿剤です。

小児科や皮膚科で利用されることが多いお薬です。

但し、本剤を皮膚に塗った状態で長時間太陽光線(紫外線)に晒すと焼けやすくなるため、色素沈着を起こす場合があります。

もし、長時間屋外で太陽光線を浴びる可能性が高い場合には、日焼け止めを塗る必要があります。

眼科用の基剤として使用する場合には、調製後滅菌処理をする必要があります。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑