アクトスによる副作用

公開日: 

アクトスとは

アクトス(ACTOS)とは、血糖値を下げるためのお薬です。

糖尿病の方に利用されています。糖尿病は、インスリンが不足することにより、血糖値が上昇します。

本剤の主成分は、ピオグリタゾン塩酸塩(Pioglitazone Hydrochloride)で、肝臓や脂肪組織、筋肉等のインスリンの感受性を高める作用があります。

この作用により、インスリンの量は変わりませんが、感受性の高まった肝臓では糖の産生が抑制され、血液中にある当分は筋肉等に吸収され、結果的に血糖値を抑える効果が期待されます。

つまり、インスリンの働きが良くなるお薬です。

適応症は以下の通りです。

・以下の治療で十分な効果がなくインスリン抵抗性が推定される2型糖尿病
  ・食事療法、運動療法のみ
  ・食事療法、運動療法+スルホニルウレア剤
  ・食事療法、運動療法+α-グルコシダーゼ阻害剤
  ・食事療法、運動療法+ビグアナイド系薬剤
  ・食事療法、運動療法+インスリン製剤

本剤は、武田薬品工業株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

アクトスの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・浮腫ができる
・低血糖症状がみられる
・臨床検査値に異常がみられる

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
心不全が増悪あるいは発症 浮腫ができる、急激な体重増加がみられる、息苦しい、むくみがある、頻尿になる、起座呼吸がみられる(起き上がって深く急な呼吸をする)、疲労感がある、体力が低下する、眠気がある、錯乱がみられる、見当識障害がみられる、足、足首、脚、肝臓、腹部に体液がたまり腫れる・むくみが出る、吐き気がする、食欲不振になる、息切れする、あえぐ、喘鳴(ぜんめい)がきこえる、心不全症状や徴候がみられる(息切れする、動悸がする、心胸比増大がみられる、胸水がみられる等)、特に心不全発症のおそれのある心疾患の方に投与する際やインスリンと併用する場合には、心不全の徴候に注意する必要があります
浮腫 顔がはれぼったい、靴が窮屈、ズボンが窮屈、足や手や顔などがむくみ膨らんだり腫れぼったい感じ等、女性やインスリン併用時、糖尿病性合併症発症例において浮腫の発現が多くみられる
肝機能障害 倦怠感の増大がみられる、食欲が低下する、呼吸困難になる、吐き気がする、常に眠い状態、黄疸がみられる、AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、γ-GTP値が上昇する、Al-P値が上昇する、総ビリルビン値が上昇する、劇症肝炎になる等
黄疸 嘔気がある、嘔吐する、食欲不振である、倦怠感がある、そう痒がある、皮膚や白目が黄色くなる、下痢する、全身の脱力感がある、38度~39度の発熱、ブツブツ状の発疹がでる等
低血糖症状 脱力感がある、冷や汗がでる、急激な空腹感がある、悪寒がする、動悸がする、手の震えがある、集中力が低下する、あくびがでる、悪心がある、無気力になる、倦怠感がある、計算力が減退する、頻脈になる、顔面蒼白になる、紅潮する、中枢神経の働きが低下する、異常行動がみられる、痙攣(けいれん)をおこす、意識障害がみられる、低血糖性昏睡に至る場合がある等
横紋筋融解症 手足肩を中心とした筋肉痛・こわばりがある、手足が痺れる(しびれる)、赤褐色の尿がでる、脱力感がある、CK(CPK)値が上昇する、血中及び尿中ミオグロビン値が上昇する等、急激な腎機能悪化を伴う場合がある
間質性肺炎 発熱する、咳嗽(がいそう)がみられる、呼吸困難になる、胸部X線異常がみられる、好酸球が増多する、動悸がする、息切れする、肺音の異常(捻髪音)がある等
胃潰瘍が再燃 みぞおち辺りに腹痛がある、吐き気がする、嘔吐する、食欲不振になる、体重減少がみられる、吐血する、下血する、背中の痛みがある、口臭がする、酸っぱいゲップがでる、胸やけがする、胃がもたれる、空腹時に胃が痛む、食後に胃が痛む等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
血液 貧血になる、白血球が減少する、血小板が減少する
循環器 血圧が上昇する、心胸比増大がみられる、心電図異常がみられる、動悸がする、胸部圧迫感がある、顔面潮紅がみられる
過敏症 発疹ができる、湿疹ができる、そう痒がある
消化器 悪心がある、嘔吐する、胃部不快感がある、胸やけがする、腹痛がする、腹部膨満感がある、下痢する、便秘になる、食欲亢進がみられる、食欲不振になる
肝臓 AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、AL-P値が上昇する、γ-GTP値が上昇する
精神神経系 眩暈(めまい)がする、ふらつく、頭痛がする、眠気がする、倦怠感がある、脱力感がみられる、しびれる
その他 LDH値及びCK(CPK)値が上昇する、BUN値及びカリウム値が上昇する、総蛋白及びカルシウムが低下する、体重及び尿蛋白が増加する、息切れする、関節痛になる、ふるえる、急激な血糖下降に伴う糖尿病性網膜症の悪化がみられる、骨折する、糖尿病性黄斑浮腫の発症又は増悪がみられる

 

アクトスについて

本剤は、チアゾリジン系(グリタゾン系)のインスリン抵抗性改善薬と呼ばれる、新しいタイプの糖尿病治療薬です。

肥満型でインスリンの感受性が鈍化している方に向いているお薬です。

本剤のみでの利用だけではなく、以下の様な他のお薬との併用も可能です。

・スルホニルウレア系
・グリニド系薬
  ・オイグルコン
  ・ダオニール
  ・グリミクロン
  ・アマリール
  ・スターシス
  ・ファスティック
  ・グルファスト
・α-グルコシダーゼ阻害薬
  ・グルコバイ
  ・ベイスン
  ・セイブル
・ビグアナイド系
  ・メトホルミン
    ・メルビン
    ・グリコラン

持病やアレルギーのある方は事前に医師とご相談ください。

アルコール(飲酒)は、控えてください。

また、他のお薬と併用している場合には、低血糖にならない様、注意する必要があります。

また、低血糖により、眩暈(めまい)やふらつきを起こす場合がありますので、車の運転や危険を伴う作業等は控えてください。

このお薬は、食欲を亢進させる場合があります。その際、食べ過ぎない様、注意が必要です。

食事療法や運動量用も、必ず行う様にして、食べ過ぎない様、食べても運動により血糖値を上げない様にする必要があります。

2型糖尿病の場合、食事療法や運動療法が大切です。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・心不全の方、及び、心不全の既往歴のある方
・重症ケトーシスのある方
・糖尿病性昏睡又は前昏睡のある方
・1型糖尿病の方
・重篤な肝機能障害のある方
・重篤な腎機能障害のある方
・重症感染症の方
・手術前後の方
・重篤な外傷のある方
・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・心不全発症の恐れのある以下の疾患のある方
  ・心筋梗塞の方
  ・狭心症の方
  ・心筋症の方
  ・高血圧性心疾患等
・肝機能障害のある方
・腎機能障害のある方
・脳下垂体機能不全のある方
・副腎機能不全のある方
・栄養不良状態の方
・飢餓状態の方
・不規則な食事摂取の方
・食事摂取量の不足の方
・衰弱状態の方
・激しい筋肉運動をしている方
・過度のアルコール摂取をしている方
・高齢の方
・授乳婦の方
・小児等

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、飲み合わせにつきまして医師とご相談ください。

・糖尿病用薬
  ・スルホニルウレア系薬剤
    ・グリメピリド
    ・グリベンクラミド
    ・グリクラジド
    ・トルブタミド等
  ・ビグアナイド系薬剤
    ・メトホルミン塩酸塩
    ・ブホルミン塩酸塩
  ・速効型インスリン分泌促進薬
    ・ナテグリニド
    ・ミチグリニドカルシウム水和物等
  ・α-グルコシダーゼ阻害剤
    ・ボグリボース
    ・アカルボース
    ・ミグリトール
  ・DPP-4阻害剤
    ・アログリプチン安息香酸塩
    ・シタグリプチンリン酸塩水和物
    ・ビルダグリプチン
    ・リナグリプチン等
  ・GLP-1アナログ製剤
    ・リラグルチド
    ・エキセナチド
  ・インスリン製剤

・糖尿病用薬及びその血糖降下作用を増強又は減弱する薬剤を併用している場合
  ・糖尿病用薬の血糖降下作用を増強する薬剤
    ・β-遮断剤
    ・サリチル酸剤
    ・モノアミン酸化酵素阻害剤
    ・フィブラート系の高脂血症治療剤
    ・ワルファリン等
  ・糖尿病用薬の血糖降下作用を減弱する薬剤
    ・アドレナリン
    ・副腎皮質ホルモン
    ・甲状腺ホルモン等

・リファンピシン等のCYP2C8を誘導する薬剤

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑