オキノームによる副作用

公開日: 

オキノームとは

オキノーム(OXINORM)とは、激しい痛みを緩和させるためのお薬です。

通常、各種癌の痛みを緩和させるために利用されています。

本剤の主成分は、オキシコドン塩酸塩水和物(Oxycodone Hydrochloride Hydrate)で、痛みを伝達する神経を抑制するオピオイド受容体に結合する作用があります。

この作用により、痛みの神経伝達経路を直接抑制する効果が期待され、強力な鎮痛効果を発現します。

また、別系統の抑制系神経から間接的に痛みを緩和する作用もあります。

適応症は以下の通りです。

・中等度から高度の疼痛を伴う各種癌における鎮痛

本剤は、塩野義製薬株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

オキノームの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・便秘になる
・嘔気がある
・嘔吐する
・眠気がある
・傾眠がみられる
・悪心がある

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
ショック 血圧低下に伴い失神する、意識が消失する、チアノーゼがみられる、呼吸困難になる、胸内苦悶がある、冷感がある、嘔吐する、顔が赤くなる、痒みがある、蕁麻疹(じんましん)ができる、痺れる(しびれる)、動悸がする、息切れする等
アナフィラキシー様症状 紅斑ができる、悪寒がする、口唇浮腫ができる、咽頭浮腫ができる、口内の違和感がある、かゆみがある、くしゃみする、顔面が紅潮する、熱感がある、吐き気がする、嘔吐する、尿意がある、便意がある、そう痒感がある、全身が発赤する、顔面や喉頭浮腫ができる、呼吸困難になる、血圧が低下する、喘鳴(ぜんめい)がきこえる、血管浮腫ができる、不快感がある、眩暈(めまい)がする、耳鳴がきこえる、発汗する等
依存性 連用に伴い薬物依存を生じる。本剤の急激な投与量の減少や中止に伴い次の症状が発現する。あくびをする,くしゃみがでる,流涙がみられる,発汗がある,悪心がある,嘔吐する,下痢する,腹痛になる,散瞳がみられる,頭痛がする,不眠になる,不安になる,譫妄(せんもう)がみられる,痙攣(けいれん)する,振戦(しんせん)がみられる,全身の筋肉や関節痛がある,呼吸促迫がみられる,動悸がする等の退薬症候がみられる等
呼吸抑制 頭痛がする、眩暈(めまい)がする、動悸がする、息切れする、不安感がある、判断力が鈍化する、呼吸が緩慢になる、不規則な呼吸になる、呼吸異常がみられる等
錯乱 外部状況に対し適した対応が出来ない状態、話や動作にまとまりがない
譫妄(せんもう) イライラする、疲れが取れない、不眠になる、強い倦怠感がある、下痢する、動悸がする等
無気肺 チアノーゼがみられる、胸の痛みがある、呼吸困難になる等
気管支痙攣(きかんしけいれん) 胸がつまる感じがする、喘鳴(ぜんめい)が聞こえる、呼吸困難になる等
喉頭浮腫 のどが詰まる、息苦しくなる、息を吸い込む際にヒューヒュー音がする、声が出にくい、呼吸困難になる、かゆみがある、痺れる(しびれる)、吐き気がする、嘔吐する、鼻水がでる、腹痛になる等
麻痺性イレウス 腸管麻痺がおこる(食欲不振になる、悪心がある、嘔吐する、著しい便秘がある、腹部の膨満あるいは弛緩及び腸内容物のうっ滞等の症状がおこる)、強い腹痛がみられる、吐き気がする、吐く、ひどい便秘になる、おなかが膨れる等
中毒性巨大結腸症(ちゅうどくせいきょだいけっちょうしょう) 急速な大腸炎の悪化がみられる、大腸動作が停止する、大腸内に毒素やガスが溜まる、大腸が風船のように膨らむ、全身の中毒症状がみられる、38度以上の発熱がある、脈拍が120以上になる、白血球が増多する(>10500 x 103/mL)、貧血になる、脱水がみられる、意識障害がおこる、電解質異常がみられる、低血圧になる
肝機能障害 倦怠感の増大がみられる、食欲が低下する、呼吸困難になる、吐き気がする、常に眠い状態、黄疸がみられる、AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、γ-GTP値が上昇する、Al-P値が上昇する、総ビリルビン値が上昇する、劇症肝炎になる等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
過敏症 発疹ができる、蕁麻疹(じんましん)がでる
循環器 低血圧になる、不整脈がみられる、血圧変動がある、起立性低血圧になる、失神する
精神神経系 眠気がある、傾眠がみられる、眩暈(めまい)がする、頭痛がする、頭重感がある、不眠になる、発汗する、幻覚がみられる、意識障害がみられる、痺れる(しびれる)、筋れん縮がみられる、焦燥がある、不安になる、異夢をみる、悪夢をみる、興奮する、視調節障害がみられる、縮瞳がみられる、神経過敏になる、感覚異常がみられる、痙攣(けいれん)する、振戦がみられる、筋緊張亢進がみられる、健忘がある、抑うつになる、感情不安定になる、多幸感がある、思考異常がみられる、構語障害がみられる
消化器 便秘をする、嘔気がある、嘔吐する、下痢する、食欲不振になる、胃不快感がある、口が渇く、腹痛がある、おくびがでる、鼓腸がでる、味覚異常がある、嚥下障害がある
その他 そう痒感がある、発熱する、倦怠感がある、血管拡張がみられる(顔面潮紅する、熱感がある)、呼吸困難になる、悪寒がする、頭蓋内圧の亢進がみられる、脱力感がある、胸部圧迫感がある、排尿障害がある、尿閉になる、脱水がみられる、無月経になる、性欲減退がみられる、勃起障害になる、浮腫ができる、皮膚乾燥がみられる
過量投与 呼吸抑制がみられる、意識不明になる、痙攣(けいれん)する、錯乱する、血圧が低下する、重篤な脱力感がある、重篤な眩暈(めまい)がする、嗜眠がみられる、心拍数の減少がみられる、神経過敏になる、不安になる、縮瞳がみられる、皮膚冷感がある等

 

オキノームについて

本剤は、強く激しい痛みを強力に抑制する癌疼痛治療用散剤です。

本剤の有効成分であるオキシコドンは、ケシの実から採れるアヘン由来のテバインにより、合成されます。(合成麻薬)

作用は、同類薬であるモルヒネと同等ですが、代謝物等が異なるため、副作用は同類のお薬と比較して多少軽いと言われています。

持病やアレルギーのある方は事前に医師とご相談ください。

眠気や眩暈(めまい)を起こす場合がありますので、車の運転や危険を伴う作業等は控えてください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・重篤な呼吸抑制のある方
・重篤な慢性閉塞性肺疾患のある方
・気管支喘息発作中の方
・慢性肺疾患に続発する心不全の方
・痙攣状態(てんかん重積症,破傷風,ストリキニーネ中毒)にある方
・麻痺性イレウスの方
・急性アルコール中毒の方
・アヘンアルカロイドに対し過敏症のある方
・出血性大腸炎の方

以下の方は、原則禁忌です。

・細菌性下痢のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・心機能障害あるいは低血圧のある方
・呼吸機能障害のある方
・肝機能障害のある方
・腎機能障害のある方
・脳に器質的障害のある方
・ショック状態にある方
・代謝性アシドーシスのある方
・甲状腺機能低下症(粘液水腫等)の方
・副腎皮質機能低下症(アジソン病等)の方
・薬物やアルコール依存又はその既往歴のある方
・薬物やアルコール等による精神障害のある方
・高齢の方
・衰弱している方
・前立腺肥大による排尿障害や尿道狭窄のある方
・尿路手術術後の方
・器質的幽門狭窄又は最近消化管手術を行った方
・痙攣(けいれん)の既往歴のある方
・胆嚢障害、胆石症又は膵炎の方
・重篤な炎症性腸疾患のある方

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、飲み合わせにつきまして医師とご相談ください。

・中枢神経抑制剤
  ・フェノチアジン誘導体
  ・バルビツール酸誘導体等
・吸入麻酔剤
・MAO阻害剤
・三環系抗うつ剤
・β遮断剤
・アルコール
・クマリン系抗凝血剤
  ・ワルファリン
・抗コリン作用を有する薬剤
・ブプレノルフィン
・ペンタゾシン等
・CYP3A4阻害作用を有する薬剤
  ・ボリコナゾール
  ・イトラコナゾール
  ・フルコナゾール
  ・リトナビル
  ・クラリスロマイシン等
・CYP3A4誘導作用を有する薬剤
  ・リファンピシン
  ・カルバマゼピン
  ・フェニトイン等

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑