イトリゾールによる副作用

公開日: 

イトリゾールとは

イトリゾール(ITRIZOLE)とは、カビを殺菌するお薬です。

真菌(カビ)が原因の病気や症状の治療に利用されています。

本剤の主成分は、イトラコナゾール(Itraconazole)で、真菌に特徴的な植物性細胞膜のエルゴステロールの生合成を阻害する作用があります。

この作用により発育を抑制・阻止し、殺菌的な効果が期待されます。

適応菌種は以下の通りです。

・皮膚糸状菌
  ・トリコフィトン属
  ・ミクロスポルム属
  ・エピデルモフィトン属
・カンジダ属
・マラセチア属
・アスペルギルス属
・クリプトコックス属
・スポロトリックス属
・ホンセカエア属

適応症は以下の通りです。

・内臓真菌症(深在性真菌症)
  ・真菌血症
  ・呼吸器真菌症
  ・消化器真菌症
  ・尿路真菌症
  ・真菌髄膜炎

・深在性皮膚真菌症
  ・スポロトリコーシス
  ・クロモミコーシス

・表在性皮膚真菌症(爪白癬以外)

  ・白癬
    ・体部白癬
    ・股部白癬
    ・手白癬
    ・足白癬
    ・頭部白癬
    ・ケルスス禿瘡
    ・白癬性毛瘡

  ・カンジダ症
    ・口腔カンジダ症
    ・皮膚カンジダ症
    ・爪カンジダ症
    ・カンジダ性爪囲爪炎
    ・カンジダ性毛瘡
    ・慢性皮膚粘膜カンジダ症

  ・癜風
  ・マラセチア毛包炎

・爪白癬

本剤は、ヤンセンファーマ株式会社により、製造販売されております。

スポンサーリンク

主な副作用

イトリゾールの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・肝機能異常がみられる
  ・AST(GOT)値が増加する
  ・ALT(GPT)値が増加する等
・胃不快感がある
・嘔気がする
・発疹ができる等

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
うっ血性心不全 心臓の収縮力が低下する、血液送出量が低下する、心臓や肺等の静脈がうっ血する、動悸がする、息切れする、就寝中に咳がでる、呼吸困難になる等
肺水腫 急激な呼吸困難になる、胸部痛がある、嘔吐する、不整脈がある、下痢する、発汗がある、ピンク又は白い泡状の痰がでる等
肝障害 倦怠感が増大する、食欲が低下する、呼吸困難になる、吐き気がする、常に眠たい、黄疸がでる、AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する等
胆汁うっ滞 黄疸がでる、尿の色が濃くなる、便の色が薄くなる、全身のかゆみがみられる、脂肪便がでる、骨量が減少する、出血しやすい、腹痛がある、食欲不振になる、嘔吐する、発熱する等
黄疸 嘔気がある、嘔吐する、食欲不振である、倦怠感がある、そう痒がある、皮膚や白目が黄色くなる、下痢する、全身の脱力感がある、38度~39度の発熱がある、ブツブツ状の発疹がでる等
中毒性表皮壊死融解症(Toxic EpidermalNecrolysis:TEN) からだがだるい、関節の痛み、皮膚が焼けるように痛む、全身の赤い斑点と破れやすい水ぶくれ(水疱)、発熱、食欲不振口内が荒れる等
皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群) 高熱、陰部の痛み、関節の痛み、ひどい口内炎、唇や口内のただれ、発熱、皮膚がまだら模様に赤くなる、皮膚に水脹れが出る(各種皮膚障害)、中央にむくみをともなった赤い斑点、赤い発疹、まぶたや眼の充血、結膜のただれ、食欲不振、からだがだるい等
急性汎発性発疹性膿疱症(AGEP) 高熱がでる(38℃以上)、皮膚の広い範囲が赤くなる、赤くなった皮ふ上に小さな白いブツブツ(小膿疱)が出る、全身がだるい、食欲がない等
剥脱性皮膚炎(紅皮症) 39度から40度の高熱がでる、顔に発疹ができる、全身の皮膚が赤くなる、皮膚のカスがよく落ちる等
多形紅斑(たけいこうはん) 手の甲・足の甲・肘・膝などの四肢伸側に左右対称に多発する円形の紅斑がみられる、発熱する、痛みがある等
ショック 血圧低下に伴い失神する、意識が消失する、チアノーゼがみられる、呼吸困難になる、胸内苦悶がある、冷感がある、嘔吐する、顔が赤くなる、痒みがある、蕁麻疹(じんましん)ができる、痺れる(しびれる)、動悸がする、息切れする等
アナフィラキシー様症状 紅斑ができる、悪寒がする、口唇浮腫ができる、咽頭浮腫ができる、口内の違和感がある、かゆみがある、くしゃみする、顔面が紅潮する、熱感がある、吐き気がする、嘔吐する、尿意がある、便意がある、そう痒感がある、全身が発赤する、顔面や喉頭浮腫ができる、呼吸困難になる、血圧が低下する、喘鳴(ぜんめい)がきこえる、血管浮腫ができる、不快感がある、眩暈(めまい)がする、耳鳴がきこえる、発汗する等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
感染症 鼻炎になる
過敏症 血管浮腫ができる
代謝・栄養 低カリウム血症になる
循環器 心室性期外収縮がみられる、房室ブロックがみられる、動悸がする、狭心症発作がある、徐脈になる、心電図異常がみられる、血管障害がある、血圧が上昇する、頻脈になる、高血圧になる、低血圧になる
消化器 腹痛がある、嘔気がある、便秘する、下痢する、嘔吐する、消化不良になる、食欲不振になる、鼓腸放屁がでる、おくびがでる、舌炎になる、口内炎ができる、腹部腰背部痛がある、軟便になる、腹部不快感がある、口腔内痛がある、歯周炎になる、胃炎になる、胃十二指腸潰瘍ができる
肝臓 肝機能異常がみられる、AST(GOT)値が増加する、ALT(GPT)値が増加する、LDH値が増加する、γ-GTP値が増加する、Al-P値が増加する、血中ビリルビン値が増加する、LAP値が増加する
呼吸器 咽喉頭疼痛がある、呼吸困難になる、咳嗽(がいそう)がみられる
皮膚 発疹ができる、そう痒症になる、紅斑性発疹ができる、脱毛がみられる、蕁麻疹(じんましん)がでる、光線過敏性反応がみられる、白血球破砕性血管炎になる、湿疹ができる、皮膚乾燥がみられる、皮膚腫脹がみられる
精神神経系 倦怠感がある、肩こりがする、不眠になる、眩暈(めまい)がする、頭痛がする、末梢神経障害がみられる、眠気がする、錯感覚がみられる、感覚鈍麻がみられる、不安になる、傾眠がみられる、発声障害がみられる、錯乱状態になる、振戦がみられる
腎臓 BUN値が上昇する、尿蛋白及び尿糖の陽性がみられる、腎障害がみられる、頻尿になる、尿失禁がみられる、血尿がでる、尿検査異常がみられる、尿円柱がみられる、尿量が減少する、腎機能検査値の異常がみられる、腎尿細管障害がみられる
血液 好酸球が増多する、白血球が減少する、血小板が減少する、貧血になる、白血球が増多する、顆粒球が減少する、好中球が減少する
生殖器 月経異常がみられる、勃起不全になる
その他 浮腫ができる、発熱する、ほてる、味覚異常がみられる、耳鳴がする、難聴になる、胸痛がある、血清病になる、視覚障害(霧視、複視を含む)がみられる、筋痛がある、関節痛がある、悪寒がする、異常感がある、無力症になる、腫脹がみられる、自傷がみられる、体重が増加する、高血糖になる、多汗症になる、顔面浮腫ができる
臨床検査 トリグリセライド値が上昇する、血清尿酸値が上昇する、血清カリウム値が上昇する、血中アミラーゼ値が増加する、総蛋白値が増加する、総コレステロール値が増加する、血中リン値が増加する、血中コレステロール値が減少する、血中ナトリウム値が減少する、CRP値が増加する、CK(CPK)値が増加する
過量投与 推奨用量を投与した場合と類似した症状

 

イトリゾールについて

本剤は、経口抗真菌剤です。

塗り薬での治療がし辛い爪白癬などの表在性皮膚真菌症や、呼吸器真菌症、消化器真菌症、尿路真菌症など内臓真菌症にも効果が期待されます。

通常、水虫にはパルス療法(短期大量間欠療法)による治療が行われます。

持病やアレルギーのある方は事前に医師とご相談ください。

自分だけの判断で服用を中止したりすると、再発する場合がありますので服用を止める場合には、必ず医師とご相談ください。

なるべくアルコール(飲酒)は、控えてください。

また、カプセルや錠剤の服用に際しては、空腹時の場合、成分の吸収が半減しますので、食後に速やかに飲む様にしてください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・以下の薬剤を投与中の方
  ・ピモジド
  ・キニジン
  ・ベプリジル
  ・トリアゾラム
  ・シンバスタチン
  ・アゼルニジピン
  ・ニソルジピン
  ・エルゴタミン
  ・ジヒドロエルゴタミン
  ・エルゴメトリン
  ・メチルエルゴメトリン
  ・バルデナフィル
  ・エプレレノン
  ・ブロナンセリン
  ・シルデナフィル(レバチオ)
  ・タダラフィル(アドシルカ)
  ・アリスキレン
  ・ダビガトラン
  ・リバーロキサバン
  ・リオシグアト
・肝臓又は腎臓に障害のある方で、コルヒチンを投与中の方
・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・重篤な肝疾患、又は、その既往歴のある方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・薬物過敏症の既往歴、アレルギー既往歴のある方
・肝障害のある方
・腎障害のある方
・うっ血性心不全、又は、その既往歴のある方
・高齢の方
・授乳婦の方
・小児等

以下の薬剤等との併用は、基本的に禁忌です。ご利用されている方は、飲み合わせにつきまして医師とご相談ください。

・ピモジド(オーラップ)
・キニジン(硫酸キニジン)
・ベプリジル(ベプリコール)
・トリアゾラム(ハルシオン)
・シンバスタチン(リポバス)
・アゼルニジピン(カルブロック、レザルタス配合錠)
・ニソルジピン(バイミカード)
・エルゴタミン(クリアミン配合錠)
・ジヒドロエルゴタミン(ジヒデルゴット)
・エルゴメトリン(エルゴメトリンマレイン酸塩注)
・メチルエルゴメトリン(メテルギン)
・バルデナフィル(レビトラ)
・エプレレノン(セララ)
・ブロナンセリン(ロナセン)
・シルデナフィル(レバチオ)
・タダラフィル(アドシルカ)
・アリスキレン(ラジレス)
・ダビガトラン(プラザキサ)
・リバーロキサバン(イグザレルト)
・リオシグアト(アデムパス)

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、飲み合わせにつきまして医師とご相談ください。

・アトルバスタチン
・ビンカアルカロイド系抗悪性腫瘍剤(ビンクリスチン等)
・メチルプレドニゾロン
・デキサメタゾン
・ブデソニド
・コルヒチン
・ジソピラミド
・ベンゾジアゼピン系薬剤(ミダゾラム)
・ブロチゾラム
・アルプラゾラム
・抗精神病薬
  ・ハロペリドール
  ・アリピプラゾール
  ・ペロスピロン
  ・クエチアピン
・免疫抑制剤
  ・シクロスポリン
  ・タクロリムス水和物
・抗悪性腫瘍剤
  ・ドセタキセル水和物
  ・エベロリムス
  ・テムシロリムス
  ・ゲフィチニブ
  ・ダサチニブ
  ・エルロチニブ
  ・ラパチニブ
  ・ボルテゾミブ
・オピオイド系鎮痛剤
  ・フェンタニル
  ・オキシコドン
  ・メサドン
・ブプレノルフィン
・セレギリン
・ガランタミン
・モザバプタン
・トルバプタン
・エレトリプタン
・サルメテロール
・シクレソニド
・フルチカゾン
・アプレピタント
・イミダフェナシン
・ソリフェナシン
・トルテロジン
・シロスタゾール
・シナカルセト
・エバスチン
・サキナビル
・ダルナビル
・マラビロク
・シルデナフィル
  ・バイアグラ
・タダラフィル
  ・シアリス
  ・ザルティア
・ワルファリン
・シメプレビル
・ジヒドロピリジン系Ca拮抗剤
  ・ニフェジピン
  ・ニルバジピン
  ・フェロジピン等
・ベラパミル
・イリノテカン
・ニロチニブ
・アピキサバン
・ジゴキシン
・ブスルファン
・クラリスロマイシン
・リトナビル
・ホスアンプレナビル/リトナビル
・エリスロマイシン
・シプロフロキサシン
・インジナビル
・ダルナビル/リトナビル
・カルバマゼピン
・エトラビリン
・リファブチン
・リファンピシン
・フェニトイン
・イソニアジド
・フェノバルビタール
・エファビレンツ
・ネビラピン
・H2遮断薬
・プロトンポンプ阻害剤
  ・オメプラゾール等
・制酸剤
  ・乾燥水酸化アルミニウムゲル等
・メロキシカム

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑