ソバルディによる副作用

公開日:  最終更新日:2017/08/06

ソバルディとは

ソバルディ(SOVALDI)とは、C型慢性肝炎(2型)を治療するためのお薬です。

本剤の主成分は、ソホスブビル(Sofosbuvir)で、C型肝炎ウィルスのRNA連鎖に直接作用し、ウィルスの増殖を阻害します。

通常、他の抗ウィルス薬(リバビリン等)と併用して相乗的に高い効果を発揮します。

重い副作用も少なく、治癒率も高いため、世界的に利用が広まっています。

適応症は以下の通りです。

・セログループ2(ジェノタイプ2)のC型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善

本剤を中心とした治療方法が、C型慢性肝炎(2型)の標準的な治療方法となりつつあります。

本剤は、ギリアド・サイエンシズ株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

ソバルディの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・貧血になる
・ヘモグロビンが減少する
・頭痛がする
・倦怠感がある
・悪心がある
・そう痒症になる

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
貧血 眩暈(めまい)がする、立ちくらみがする、動悸がする、息切れする、肩がこる、頭痛がする、食欲不振になる、倦怠感がある、肌荒れになる、抜け毛がある、爪の変形がある、むくみがある等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
感染 鼻咽頭炎になる
血液・リンパ系 ヘモグロビンが減少する
精神系 うつ病になる、不眠症になる
神経系 頭痛がする、傾眠がみられる、眩暈(めまい)がする、注意力障害がみられる
血管系 高血圧になる
呼吸器 呼吸困難になる、咳嗽(がいそう)がみられる
消化器 悪心がする、便秘になる、口内炎ができる、腹部不快感がある、下痢する、口唇炎になる、消化不良がみられる
肝臓 高ビリルビン血症になる
皮膚 そう痒症になる、発疹ができる、脱毛症になる、皮膚乾燥がみられる
筋・骨格 筋肉痛になる、関節痛になる、背部痛がする、筋痙縮がみられる
その他 倦怠感がある、疲労する、易刺激性がみられる、発熱する、無力症になる
過量投与 有害事象は確認されていない

 

雨アラート
開発元:Team White
価格:無料

雨域の接近を通知するアンドロイドアプリです。
外出や洗濯物のタイミングにとても便利。動作は日本付近限定です。
必要最小限の機能で省電力設計。これ1つ入れておくだけで以外と役に立ちます

ソバルディについて

2015年に販売開始された新しいお薬です。

本剤は、C型肝炎ウィルスに特異的に作用する核酸型ポリメラーゼ(NS5B)阻害薬で、耐性ウィルスが生まれにくく、重い副作用も少ないため治療の継続率も高くなっております。

その治癒率の高さ等により、世界的に利用が広がりつつあります。

ダイレクトにC型肝炎ウィルスへ作用するため、ウィルス直接作用型抗ウイルス剤(Direct-actingAntiviral Agents:DAA)とも呼ばれます。

持病やアレルギーのある方は事前に医師とご相談ください。

尚、腎機能が低下している方や弱っている方は使用できません。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・重度の腎機能障害のある方(eGFR<30mL/分/1.73m2)
・透析を必要とする腎不全の方
・次の薬剤を利用中の方
  ・カルバマゼピン
  ・フェニトイン
  ・リファンピシン
  ・セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・B型肝炎ウイルス感染している方、又は、既往感染者の方
・高齢の方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・授乳婦の方
・小児等

以下の薬剤等との併用は、基本的に禁忌です。ご利用されている方は、飲み合わせにつきまして医師とご相談ください。

・リファンピシン
  ・リファジン
・カルバマゼピン
  ・テグレトール
・フェニトイン
  ・アレビアチン
・セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、飲み合わせにつきまして医師とご相談ください。

・リファブチン
・フェノバルビタール

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑