パージェタによる副作用

公開日: 

パージェタとは

パージェタ(PERJETA)とは、癌細胞の増殖を抑制するためのお薬です。

乳癌の治療で利用されています。

本剤の主成分である、ペルツズマブ(遺伝子組換え)(Pertuzumab(Genetical Recombination))は、癌細胞が増殖の際に必要となる「HER2タンパク」を刺激する他の「HERファミリー」(HER1、HER3、HER4)の結合をブロックすることによりがん細胞の増殖を抑制します。

癌細胞だけをターゲットとする、比較的新しい分子標的薬と呼ばれるお薬で、従来の抗がん剤と比較して副作用も少なく、予後も比較的良いため、まず利用を検討するお薬です。

同類のお薬として、ハーセプチンがありますが、作用機序が少し異なるため併用することで相乗効果があります。

通常、本剤は単独ではなく、他の抗がん剤と併用して利用されます。パージェタ+ハーセプチン+タキソテールの併用が効果が高いと報告されています。

適応症は以下の通りです。

・HER2陽性の手術不能又は再発乳癌

本剤は、中外製薬株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

パージェタの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・下痢する
・脱毛症になる
・けん怠感がある
・好中球減少症になる
・悪心がある
・爪の異常がみられる
・ニューロパチーがみられる
・発疹ができる

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
好中球減少症 感染症が発現するまでは無症状。発熱する、口や肛門の周りの痛みを伴うびらん(潰瘍)がみられる、細菌性肺炎等の重症感染症になる等
白血球減少症 突然の発熱がある、寒気がする、のどの痛みがある、これらの感染症症状が現れる、貧血になる、血小板が減少する、骨髄検査で赤芽球や巨核球が減少する、血液検査でCRP値が上昇する等
Infusion reaction 悪寒がする、発熱する、疲労する、悪心がある、紅斑ができる、高血圧になる、呼吸困難になる等
アナフィラキシー様症状(過敏症) 紅斑ができる、悪寒がする、口唇浮腫ができる、咽頭浮腫ができる、口内の違和感がある、かゆみがある、くしゃみする、顔面が紅潮する、熱感がある、吐き気がする、嘔吐する、尿意がある、便意がある、そう痒感がある、全身が発赤する、顔面や喉頭浮腫ができる、呼吸困難になる、血圧が低下する、喘鳴(ぜんめい)がきこえる、血管浮腫ができる、不快感がある、眩暈(めまい)がする、耳鳴がきこえる、発汗する等
間質性肺疾患 呼吸困難になる、咳嗽(がいそう)がみられる、疲労する等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
精神神経系 ニューロパチーがみられる、味覚異常になる、頭痛がする、感覚異常がある、浮動性眩暈(めまい)がする、不眠症になる、神経毒性がみられる
流涙増加がみられる、結膜炎になる、眼乾燥がみられる、視力障害がある(霧視がみられる、視力が低下する)
消化器 下痢する、悪心がある、食欲が減退する、嘔吐する、口内炎ができる、腹痛になる、便秘になる、消化不良になる、肛門障害がみられる(疼痛、炎症、出血等)、口内乾燥がみられる、嚥下障害になる、口唇炎ができる、胃腸炎になる、胃食道逆流性疾患がみられる、腹部膨満がみられる
循環器 左室機能不全がみられる、ほてりがある、高血圧になる、頻脈になる、静脈炎になる、動悸がする
呼吸器 呼吸困難になる、咳嗽(がいそう)がみられる、鼻出血がみられる、胸水がみられる、口腔咽頭痛がある、鼻漏がみられる、鼻乾燥がみられる、発声障害になる
皮膚 脱毛症になる、爪の異常がみられる(爪周囲炎等)、発疹ができる、そう痒症になる、皮膚乾燥がみられる、手掌・足底発赤知覚不全症候群になる、皮膚炎になる、紅斑ができる、皮膚色素過剰になる、ざ瘡ができる
肝臓 肝機能検査値異常がみられる(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP)
腎臓 排尿困難がみられる
血液 貧血になる、リンパ球減少症になる、血小板減少症になる
その他 けん怠感がある、筋骨格痛がある、粘膜の炎症がみられる、浮腫ができる(全身性浮腫、末梢性浮腫)、疼痛がある(背部痛、四肢痛等)、発熱する、上気道感染がみられる、悪寒がする、体重が減少する、筋痙縮がみられる、尿路感染がみられる、低カリウム血症になる、体重が増加する、カンジダ症になる、蜂巣炎になる、体液貯留がみられる、注射部位反応がみられる、筋力低下がみられる、月経異常になる、胸部不快感がある、熱感がある、インフルエンザ様疾患にかかる、ヘルペスウイルスに感染する、リンパ浮腫ができる、胸痛がある

 

パージェタについて

パージェタは癌細胞だけをターゲットとして攻撃することが可能となった新しい分子標的薬です。

2013年6月に承認され、同年9月に販売開始されています。

HER2タンパクをブロックする作用があるため、新しい抗HER2薬とも言われています。

癌細胞のみをターゲットとしているため、本剤による副作用は少ないと言われています。

通常は、上記にも記載している通り、パージェタ+ハーセプチン+タキソテールの3剤による併用治療として利用されます。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・アントラサイクリン系薬剤投与歴のある方
・胸部への放射線治療歴のある方
・うっ血性心不全の方、又は、その既往歴のある方
・治療を要する重篤な不整脈(心房細動、発作性上室性頻脈を除く)のある方、又は、その既往歴のある方
・冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症等)の方、又は、その既往歴のある方
・高血圧症の方、又は、その既往歴のある方
・左室駆出率(LVEF)が低下している方
・高齢の方
・授乳婦の方
・小児等

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑