カドサイラによる副作用

公開日: 

カドサイラとは

カドサイラ(KADCYLA)とは、癌細胞を抑制するためのお薬です。

主に乳癌の治療に利用されます。

本剤の主成分である、トラスツズマブ エムタンシン(遺伝子組換え)(Trastuzumab Emtansine(Genetical Recombination))は、癌細胞が増殖に必要な「HER2タンパク」と結合することにより増殖を阻害します。

これは、ハーセプチン(トラスツズマブ)と同じ作用ですが、カドサイラは、これに加えて、エムタンシン(DM1)と言う抗がん剤が結合されています。

この抗がん剤は、癌細胞のみに対応させるため、従来の抗がん剤と比較して正常細胞へのダメージが少なく、副作用は軽いと言われています。

適応症は以下の通りです。

・HER2陽性の手術不能又は再発乳癌

本剤は、中外製薬株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

カドサイラの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・けん怠感がある
・悪心がある
・血小板数が減少する
・AST(GOT)値が増加する
・ALT(GPT)値が増加する
・鼻出血がみられる
・発熱する
・食欲減退がみられる

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
間質性肺疾患 呼吸困難になる、咳嗽(がいそう)がみられる、疲労する、肺浸潤がみられる、急性呼吸窮迫症候群等の症状を伴う肺臓炎又は間質性肺炎になる等、死亡に至った例もあり
成人呼吸促迫症候群(急性呼吸窮迫症候群)(ARDS) 頻呼吸になる、1回換気量が低下する、肺水腫になる、胸部X線上に著明な滲出液がみられる、酸素飽和度と動脈血酸素分圧の急激な低下がみられる等
間質性肺炎 発熱する、咳嗽(がいそう)がみられる、呼吸困難になる、胸部X線異常がみられる、好酸球が増多する、動悸がする、息切れする等
心障害 左室駆出率(LVEF)低下がみられる、うっ血性心不全になる、息切れする、労作時呼吸困難になる、胸痛がある、下肢の浮腫ができる、頸静脈怒張がみられる、頻脈になる、心原性ショックをおこす、肺浮腫ができる、心嚢液貯留がみられる、心筋症になる、心膜炎になる、不整脈がみられる、徐脈になる等
うっ血性心不全 心臓の収縮力の低下、血液送出量が低下する、心臓・肺等の静脈のうっ血がみられる、動悸がする、息切れする、就寝中に咳がでる、呼吸困難になる等
アナフィラキシー様症状(過敏症) 紅斑ができる、悪寒がする、口唇浮腫ができる、咽頭浮腫ができる、口内の違和感がある、かゆみがある、くしゃみする、顔面が紅潮する、熱感がある、吐き気がする、嘔吐する、尿意がある、便意がある、そう痒感がある、全身が発赤する、顔面や喉頭浮腫ができる、呼吸困難になる、血圧が低下する、喘鳴(ぜんめい)がきこえる、血管浮腫ができる、不快感がある、眩暈(めまい)がする、耳鳴がきこえる、発汗する等
Infusion reaction 呼吸困難になる、低血圧になる、喘鳴(ぜんめい)が聞こえる、気管支痙攣(けいれん)をおこす、頻脈になる、紅潮がみられる、悪寒がする、発熱する等
肝機能障害 倦怠感の増大がみられる、食欲が低下する、呼吸困難になる、吐き気がする、常に眠い状態、黄疸がみられる、AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、γ-GTP値が上昇する、総ビリルビン値が上昇する等、死亡例あり
肝不全 黄疸がでる、出血傾向になる、腹水がでる、脱力感がある、肝性脳症になる、全身の健康状態が悪化する、吐き気や食欲不振がある等
黄疸 嘔気がある、嘔吐する、食欲不振である、倦怠感がある、そう痒がある、皮膚や白目が黄色くなる、下痢する、全身の脱力感がある、38度~39度の発熱、ブツブツ状の発疹がでる等
血小板減少(血小板減少症) 手足に赤い点(点状出血)ができる、あざができる、鼻血がでる、歯茎の出血がみられる等、死亡例あり
末梢神経障害 手足が痺れる(しびれる)、手足が痛む、灼熱感がある、筋力が低下する、筋萎縮がある等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
精神神経系 頭痛がする、味覚異常になる、眩暈(めまい)がする、不眠症になる、嗜眠がみられる、平衡障害がみられる、片頭痛がする、嗅覚錯誤がみられる、うつ病になる
消化器 悪心がある、便秘になる、下痢する、嘔吐する、口内乾燥がみられる、腹痛になる、口内炎ができる、消化不良になる、歯肉出血がみられる、腹部不快感がある、腹部膨満がある、消化管出血がみられる、鼓腸がでる、胃食道逆流性疾患になる、口腔内痛がある、口唇乾燥がみられる、歯周病になる、痔核がみられる
循環器 高血圧になる、動悸がする、ほてりがある
呼吸器 鼻出血する、呼吸困難になる、咳嗽(がいそう)がみられる、鼻漏がみられる、口腔咽頭痛がある、鼻乾燥がみられる
皮膚 発疹ができる、そう痒症になる、爪の異常がみられる、皮膚乾燥がみられる、皮下出血がみられる、脱毛症になる、紅斑がみられる、皮膚炎になる、多汗症になる、蕁麻疹(じんましん)がでる
筋・骨格 筋骨格痛がある、関節痛がある、筋痙縮がみられる、筋骨格硬直がみられる
回転性めまい
視力障害がみられる(霧視がみられる、視力低下がみられる)、流涙増加がみられる、結膜炎になる、眼乾燥がみられる、眼充血がみられる、結膜出血がみられる、眼刺激がある、眼そう痒症になる
代謝 食欲減退がみられる、血中カリウム減少がみられる、高血糖になる、血中尿酸増加がみられる、脱水する
生殖器 腟出血がみられる
血液 貧血になる、好中球数が減少する、白血球数が減少する、リンパ球数が減少する
その他 けん怠感がある、発熱する、疼痛がある(背部痛、四肢痛等)、悪寒がする、粘膜の炎症がみられる、浮腫ができる(全身性浮腫、末梢性浮腫)、鼻咽頭炎になる、体重が減少する、胸痛がある、インフルエンザ様疾患になる、尿路感染する、上気道感染する、カンジダ症になる、挫傷ができる、熱感がある、粘膜乾燥がみられる、胸部不快感がある、口が渇く、インフルエンザになる、胃腸炎になる、肺炎になる、体重増加がみられる
過量投与 血小板減少症、死亡例あり

 

カドサイラについて

カドサイラは、2014年4月に販売開始された分子標的薬と呼ばれる新しいタイプのお薬です。

ハーセプチンに抗がん薬を加えた形のお薬で、癌細胞を選択的に絞って攻撃するため、従来のお薬と比較して副作用も少ないと言われています。

但し、肺臓炎、間質性肺炎等の間質性肺疾患が副作用として発現し死亡例もあります。

そのため、これらの副作用の初期症状として、呼吸困難になる、咳嗽がみられる、疲労する、肺浸潤がみられる等の発現には十分な注意が必要です。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・安静時呼吸困難等の症候性の肺疾患のある方
・左室駆出率(LVEF)が低下している方
・次に掲げる心機能が低下する可能性のある方
  ・アントラサイクリン系薬剤の投与歴のある方
  ・胸部への放射線治療中の方、又はその治療歴のある方
  ・うっ血性心不全のある方、又はその既往歴のある方
  ・治療を要する重篤な不整脈のある方、又はその既往歴のある方
  ・冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症等)の方、又はその既往歴のある方
  ・高血圧症の方、又はその既往歴のある方
・肝機能障害のある方
・血小板数減少のある方、又は抗凝固剤治療を受けている方
・高齢の方
・授乳婦の方
・小児等

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、飲み合わせにつきまして医師とご相談ください。

・CYP3Aを強く阻害する薬剤

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑