ヒルドイドによる副作用

公開日:  最終更新日:2017/08/11

ヒルドイドとは

ヒルドイド(Hirudoid)とは、皮膚の状態を改善するお薬です。

主成分の、ヘパリン類似物質(Heparinoid)は、使用部位の保湿効果や血行を改善する作用があります。

この作用により、皮膚の乾燥性の症状や血行障害による痛みや腫れ等を緩和する効果が発現します。

適応症は、以下の通りです。

・皮脂欠乏症
・進行性指掌角皮症
・凍瘡
・肥厚性瘢痕、ケロイドの治療と予防
・血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)
・血栓性静脈炎(痔核を含む)
・外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎
・筋性斜頸(乳児期)

重大な副作用の報告もなく、赤ちゃんからお年寄りまで利用可能な、安全なお薬です。

本剤は、マルホ株式会社により、製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

ヒルドイドの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・皮膚炎になる
・そう痒がある
・発赤がみられる
・発疹ができる
・潮紅がみられる

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用は、報告されていません。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
過敏症 皮膚炎になる、そう痒がある、発赤がみられる、発疹ができる、潮紅がみられる等
皮膚 紫斑ができる

 

雨アラート
開発元:Team White
価格:無料

雨域の接近を通知するアンドロイドアプリです。
外出や洗濯物のタイミングにとても便利。動作は日本付近限定です。
必要最小限の機能で省電力設計。これ1つ入れておくだけで以外と役に立ちます

ヒルドイドについて

持病やアレルギーのある方は、医師とご相談ください。

潰瘍部位や糜爛(びらん)部位へ、直接使用しないでください。

眼には使用しないでください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病等)のある方
・僅少な出血でも重大な結果を来すことが予想される方

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑