フルコートによる副作用

公開日: 

フルコートとは

フルコート(FLUCORT)とは、炎症による皮膚の痒みや赤みを緩和するためのお薬です。

本剤の主成分は、フルオシノロンアセトニド(Fluocinolone Acetonide)と、フラジオマイシン硫酸塩(Fradiomycin Sulfate)の合成剤です。

フルオシノロンアセトニドは、ステロイド剤で、炎症や痒み、腫れ等を抑える作用があります。

しかし、このステロイド剤の利用によって免疫量が低下し、細菌感染し易くなります。

このお薬には抗生物質のフラジオマイシン硫酸塩が配合されているため、皮膚の細菌感染を抑える作用もあります。

適応菌種は以下の通りです。

・フラジオマイシン感性菌

適応症は以下の通りです。

・深在性皮膚感染症
・慢性膿皮症
・湿潤
・びらん
・結痂を伴うか、又は二次感染を併発している次の方
  ・湿疹・皮膚炎群
    ・進行性指掌角皮症
    ・ビダール苔癬
    ・放射線皮膚炎
    ・日光皮膚炎を含む
  ・乾癬
  ・皮膚そう痒症(陰部・肛門部)
  ・掌蹠膿疱症
・外傷・熱傷及び手術創等の二次感染

本剤は、田辺三菱製薬株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

フルコートの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・刺激感がある
・分泌物増加がみられる
・乾燥感がある

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
眼瞼皮膚へ使用した場合 眼圧亢進がみられる、緑内障になる等
大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により 後嚢白内障になる、緑内障になる等
緑内障 光が輪になって見える、かすむ、にじむ、眼が充血する、眼が乾く、眼が痛む等
後嚢白内障 目が霞む、眩しい、視力が低下する、水晶体が白濁する等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
皮膚の感染症 フラジオマイシン耐性菌又は非感性菌による感染症になる、真菌症になる(白癬、カンジダ症等)、ウイルス感染症になる
その他の皮膚症状 ざ瘡疹がみられる、酒さ様皮膚炎になる、口囲皮膚炎になる(口囲、顔面全体に紅斑、丘疹、毛細血管拡張、痂皮、鱗せつを生じる)、ステロイド皮膚がみられる(皮膚萎縮、毛細血管拡張)、魚鱗癬様皮膚変化がみられる、紫斑ができる、多毛になる、色素脱失がみられる、刺激感がある、乾燥する
過敏症 接触皮膚炎になる、紅斑ができる、発疹ができる
下垂体・副腎皮質系機能 大量又は長期にわたる広範囲の使用又は密封法(ODT)による下垂体・副腎皮質系機能の抑制がみられる
長期連用 腎障害がみられる、難聴があらわれる

 

フルコートについて

本剤は、抗生物質を配合した、外用合成副腎皮質ホルモン剤です。

免疫力の低下に配慮したステロイド外用剤として利用されているお薬です。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・フラジオマイシン耐性菌又は非感性菌による皮膚感染のある方
・細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症及び動物性皮膚疾患(疥癬、けじらみ等)のある方
・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎のある方
・フラジオマイシン、カナマイシン、ストレプトマイシン、ゲンタマイシン等のアミノ糖系抗生物質及びバシトラシンに対し過敏症の既往歴のある方
・潰瘍(ベーチェット病は除く)のある方
・第2度深在性以上の熱傷・凍傷のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・高齢の方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・授乳婦の方
・小児等

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑