アンテベートによる副作用

公開日: 

アンテベートとは

アンテベート(ANTEBATE)とは、皮膚の湿疹や炎症、痒みを抑えるためのお薬です。

アトピー性皮膚炎や乾癬(かんせん)等の症状に良く利用されております。

本剤の主成分は、ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル(Betamethasone Butyrate Propionate)で、いわゆる、ステロイド剤になります。

主成分のベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステルは、合成副腎皮質ホルモンで、抗炎症作用も強く、速やかに効果が発現します。

外用薬として直接患部に作用するため、急性期の短期的な症状改善に高い効果を発揮します。

適応症は以下の通りです。

・湿疹
・皮膚炎群(手湿疹、進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎を含む)
・乾癬
・虫さされ
・薬疹
・中毒疹
・痒疹群(ストロフルス、じん麻疹様苔癬、結節性痒疹を含む)
・紅皮症
・紅斑症(多形滲出性紅斑、ダリエ遠心性環状紅斑)
・ジベル薔薇色粃糠疹
・掌蹠膿疱症
・扁平紅色苔癬
・慢性円板状エリテマトーデス
・肉芽腫症(サルコイドーシス、環状肉芽腫)
・特発性色素性紫斑(マヨッキー紫斑、シャンバーク病)
・円形脱毛症
・肥厚性瘢痕
・ケロイド
・悪性リンパ腫(菌状息肉症を含む)
・アミロイド苔癬
・水疱症(天疱瘡群、ジューリング疱疹状皮膚炎・水疱性類天疱瘡)

但し、本剤は症状の原因を根本的に治療するお薬ではありません。

あくまで症状を軽減させるための対症療法薬です。

本剤は、鳥居薬品株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

アンテベートの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・毛のう炎・せつ、がみられる
・刺激感がある
・ざ瘡様発疹ができる
・皮膚萎縮がみられる
・白癬がみられる
・皮膚乾燥がみられる
・そう痒がある
・毛細血管拡張がみられる
・真菌感染する
・ステロイド潮紅がみられる

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
眼圧亢進 緑内障になる、白内障になる、激しい頭痛がする、吐き気がする等
緑内障 光が輪になって見える、かすむ、にじむ、眼が充血する、眼が乾く、眼が痛む等
白内障 目が霞む、ぼやけて見辛い、モノが二重三重に見える、光が眩しく感じる、目の水晶体が白く濁る等
大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により 緑内障、後のう下白内障等の症状が発現する場合がある

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
皮膚の感染症 皮膚の真菌症(カンジダ症、白癬等)がみられる、細菌感染症(伝染性膿痂疹、毛のう炎・せつ等)がみられる、ウイルス感染症がみられる
その他の皮膚症状 ざ瘡(ざ瘡様発疹、ステロイドざ瘡等)がみられる、ステロイド皮膚がみられる(皮膚萎縮、毛細血管拡張、ステロイド潮紅等)、ステロイド酒さ・口囲皮膚炎がみられる(口囲、顔面全体に紅斑、丘疹、毛細血管拡張、痂皮、鱗屑を生じる)、紅斑ができる、紫斑ができる、多毛になる、色素脱失がみられる、色素沈着がみられる、魚鱗癬様皮膚変化がみられる、刺激感がある、湿疹(発赤、苔癬化、腫脹、糜爛等)ができる、接触皮膚炎になる、皮膚乾燥がみられる、そう痒がある
過敏症 皮膚の刺激感がある、発疹等の過敏症状が発現する
下垂体・副腎皮質系機能 大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により、下垂体や副腎皮質系機能の抑制がみられる

 

アンテベートについて

本剤は、直接患部に作用する、外用副腎皮質ホルモン剤です。

ステロイドならではの効果を発揮します。ステロイドの強さでは、強い方から2番目のカテゴリに含まれ、非常に強力なお薬です。

外用薬として局所部分に使用するため、全身性の副作用はほとんど発現しません。

持病やアレルギーのある方は事前に医師とご相談ください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・以下の方
  ・細菌や真菌やスピロヘータ・ウイルス皮膚感染症のある方
  ・動物性皮膚疾患(疥癬、けじらみ等)のある方
  ・潰瘍(ベーチェット病は除く)のある方
  ・第2度深在性以上の熱傷や凍傷のある方
・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・高齢の方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・授乳婦の方
・小児等

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑