ラキソベロンによる副作用

公開日:  最終更新日:2017/08/11

ラキソベロンとは

ラキソベロン(Laxoberon)とは、便秘のお薬です。

本剤の主成分は、ピコスルファートナトリウム水和物(Sodium Picosulfate Hydrate)で、大腸を刺激して活発にさせ、かつ、腸での水分の吸収を抑制することにより、自然な排便に近い作用が期待されます。

また、副作用も比較的少ないため、妊婦や高齢の方にも安心して利用できます。

適応症は以下の通りです。

・各種便秘症
・術後排便補助
・造影剤(硫酸バリウム)投与後の排便促進

本剤は、帝人ファーマ株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

ラキソベロンの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・腹痛がする
・腹鳴がする
・悪心がある
・嘔吐する

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用は、特に想定されていません。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
消化器 腹部不快感がある、腹痛がする、悪心がある、嘔吐する、腹鳴がする、腹部膨満感がある、下痢する等
皮膚 蕁麻疹(じんましん)がでる、発疹ができる等
肝臓 AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する等

 

雨アラート
開発元:Team White
価格:無料

雨域の接近を通知するアンドロイドアプリです。
外出や洗濯物のタイミングにとても便利。動作は日本付近限定です。
必要最小限の機能で省電力設計。これ1つ入れておくだけで以外と役に立ちます

ラキソベロンについて

長期間継続して利用した場合、効き目が悪くなる場合がありますので、利用する際には、なるべく短期間での利用に留めてください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・急性腹症が疑われる方
・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・高齢の方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・下剤を常用している方

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑