ルトラールによる副作用

公開日:  最終更新日:2017/08/12

ルトラールとは

ルトラール(Lutoral)とは、経口黄体ホルモン剤です。女性ホルモンを調整し、無月経等、様々な女性特有の症状に利用されます。

主成分のクロルマジノン酢酸エステル(Chlormadinone Acetate)は、黄体ホルモンを補い月経を安定させる作用があります。

通常、不妊治療に利用されますが、連続使用することにより避妊作用が現れます。また、例外的に、男性特有の前立腺肥大症に利用されることもあります。

適用症は以下の通りです。

・無月経
・月経周期異常(稀発月経、多発月経)
・月経量異常(過少月経、過多月経)
・月経困難症
・機能性子宮出血
・卵巣機能不全症
・黄体機能不全による不妊症

ルトラールは、富士製薬工業株式会社により、製造・販売されております。

スポンサーリンク

主な副作用

ルトラールの主な副作用は、以下の通りです。

・吐き気がする
・嘔吐する
・乳房が張る、痛む
・頭痛がする

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
血栓症 手足がマヒする・痺れる(しびれる)、しゃべりにくい、胸が痛む、呼吸困難になる、片方の足が急激に痛み腫れる等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

雨アラート
開発元:Team White
価格:無料

雨域の接近を通知するアンドロイドアプリです。
外出や洗濯物のタイミングにとても便利。動作は日本付近限定です。
必要最小限の機能で省電力設計。これ1つ入れておくだけで以外と役に立ちます

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
過敏症 発疹ができる等
肝臓 肝機能異常になる等
電解質代謝 浮腫ができる、体重が増加する等
消化器 食欲不振になる、悪心がある、嘔吐する、下痢する、腹痛になる等
子宮 不正出血がおこる、破綻出血がおこる、点状出血がおこる、経血量が変化する、下腹部痛がある等
乳房 乳房緊満感がある、乳房痛がおこる等
精神神経系 頭痛がする、眠気がある等
その他 倦怠感がある

 

ルトラールについて

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・重篤な肝障害や肝疾患のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・心疾患のある方
・腎疾患のある方、又はその既往歴のある方

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑