トリキュラーによる副作用

公開日:  最終更新日:2017/08/11

トリキュラーとは

トリキュラー(Triquilar)とは、避妊するためのお薬です。

ピルの一種で、低用量ピルにカテゴライズされる、経口避妊剤です。

主成分は、少量の卵胞ホルモン剤として、エチニルエストラジオール(Ethinylestradiol)、黄体ホルモン剤として、レボノルゲストレル(Levonorgestrel)が配合されています。

黄体ホルモンと卵胞ホルモンを補充すると、性腺刺激ホルモンの分泌が抑制されます。

結果として、卵胞が育たず、排卵が発生しにくくなります。

また、黄体ホルモンにより、子宮内膜の増殖が抑制されるため、間違って排卵、受精した場合でも受精卵が着床しづらい状況が保持されます。

適応症は、以下の通りです。

・避妊

尚、上記以外にも、以下の様な効用が報告されています。

・子宮入口付近の頚管粘液の粘度を高め、精子の侵入防止効果
・生理痛の解消
・生理不順の解消
・月経困難症
・子宮内膜症

本剤は、バイエル薬品株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

トリキュラーの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・悪心がある
・乳房緊満感がある
・頭痛がする
・嘔吐する
・下腹部痛がある

尚、極めて稀ですが、重大レベルの副作用である、血栓症につきましては、十分に気を付ける必要があります。

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
血栓症 手足のマヒや痺れ(しびれ)がある、しゃべりにくい、胸の痛みがある、呼吸困難になる、片方の足の急激な痛みや腫れ等がおこる

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
過敏症 発疹ができる、蕁麻疹(じんましん)がでる
網膜血流障害による視力障害がみられる
肝臓 肝機能異常がみられる、黄疸がみられる
電解質代謝 浮腫ができる、体重が増加する
子宮 不正性器出血(破綻出血、点状出血)がみられる、下腹部痛がある、帯下の増加がみられる、カンジダ腟炎になる
乳房 乳房緊満感がある、乳房痛がある
循環器 血圧が上昇する、動悸がする
消化器 悪心がある、嘔吐する、下痢する、腹痛がある、口内炎ができる、食欲不振になる、口が渇く、便秘になる、食欲亢進がみられる
精神神経系 頭痛がする、眩暈(めまい)がする、片頭痛になる、神経過敏になる、眠気がある、抑うつになる
皮膚 ざ瘡がみられる、湿疹ができる、褐色斑がみられる、色素沈着がみられる
その他 腰痛がある、肩こりがする、けん怠感がある、性欲が減退する、総コレステロール値が上昇する、トリグリセリド値が上昇する、息切れする、鼻出血がみられる、疲労する、痺れる(しびれる)

 

雨アラート
開発元:Team White
価格:無料

雨域の接近を通知するアンドロイドアプリです。
外出や洗濯物のタイミングにとても便利。動作は日本付近限定です。
必要最小限の機能で省電力設計。これ1つ入れておくだけで以外と役に立ちます

トリキュラーについて

持病やアレルギーのある方は、事前に医師とご相談ください。

経口避妊剤使用開始1年間での失敗率は、飲み忘れを含め、通常、約9%です。

血栓症の予防のため、水を多めに飲む様にしてください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・本剤の成分に対して、過敏症の素因のある方
・エストロゲン依存性悪性腫瘍(乳癌、子宮内膜癌など)の方
・上記の疑いのある方
・子宮頸癌の方
・上記の疑いのある方
・診断の確定していない異常性器出血のある方
・血栓性静脈炎、及び、その既往歴のある方
・肺塞栓症、及び、その既往歴のある方
・脳血管障害、及び、その既往歴のある方
・冠動脈疾患、及び、その既往歴のある方
・35歳以上で1日15本以上のタバコを吸う方
・前兆(閃輝暗点、星型閃光等)を伴う片頭痛の方
・肺高血圧症又は心房細動を合併する心臓弁膜症の方
・亜急性細菌性心内膜炎の既往歴のある心臓弁膜症の方
・血管病変を伴う糖尿病の方(糖尿病性腎症,糖尿病性網膜症等)
・血栓性素因のある方
・抗リン脂質抗体症候群の方
・手術前4週以内,術後2週以内,産後4週以内の方
・長期間安静状態の方
・重篤な肝障害のある方
・肝腫瘍のある方
・脂質代謝異常のある方
・高血圧のある方
・耳硬化症の方
・妊娠中に黄疸、持続性そう痒症の既往歴のある方
・妊娠ヘルペスの既往歴のある方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・授乳婦の方
・骨成長が終了していない可能性のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・40歳以上の方
・子宮筋腫のある方
・乳癌の既往歴のある方
・乳癌の家族歴のある方
・乳房に結節のある方
・喫煙される方
・肥満の方
・血栓症の家族歴のある方
・前兆を伴わない片頭痛のある方
・心臓弁膜症の方
・軽度の高血圧(妊娠中の高血圧の既往も含む)のある方
・耐糖能の低下している方
・ポルフィリン症の方
・肝障害のある方
・心疾患、腎疾患又はその既往歴のある方
・てんかんの方
・テタニーのある方

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、医師とご相談ください。

・副腎皮質ホルモン
・プレドニゾロン等
・三環系抗うつ剤
・イミプラミン等
・セレギリン塩酸塩
・シクロスポリン
・オメプラゾール
・テオフィリン
・チザニジン塩酸塩
・リファンピシン
・バルビツール酸系製剤
・フェノバルビタール等
・ヒダントイン系製剤
・フェニトインナトリウム等
・カルバマゼピン
・ボセンタン
・モダフィニル
・トピラマート
・テトラサイクリン系抗生物質
・テトラサイクリン等
・ペニシリン系抗生物質
・アンピシリン等
・テルビナフィン塩酸塩
・Gn-RH誘導体
・ブセレリン酢酸塩等
・血糖降下剤
・インスリン製剤
・スルフォニル尿素系製剤
・スルフォンアミド系製剤
・ビグアナイド系製剤等
・ラモトリギン
・モルヒネ
・サリチル酸
・テラプレビル
・HIVプロテアーゼ阻害剤
・ネルフィナビルメシル酸塩
・リトナビル
・ダルナビル
・ホスアンプレナビル(リトナビル併用時)
・ロピナビル・リトナビル配合剤等
・非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤
・ネビラピン
・HIVプロテアーゼ阻害剤
・アタザナビル
・インジナビル
・非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤
・エトラビリン
・フルコナゾール
・ボリコナゾール
・アセトアミノフェン
・セイヨウオトギリソウ(St. John’s Wort,セント・ジョーンズ・ワート)含有食品

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑