メリスロンによる副作用

公開日: 

メリスロンとは

メリスロン(Merislon)とは、吐き気や眩暈(めまい)を止めるためのお薬です。

メニエール病や乗り物酔い等に利用されています。

内耳の血流量が不足すると平衡感覚が崩れて眩暈や吐き気の症状を発現させる原因になります。

本剤の主成分は、ベタヒスチンメシル酸塩(Betahistine Mesilate)で、体内のヒスタミロンという生成物質と同等の働きがあります。

この物質は、内耳の血管を拡げて血流量を多くする作用があり、これにより平衡感覚を回復します。

適応症は以下の通りです。

・下記の疾患に伴う眩暈、眩暈感
  ・メニエール病
  ・メニエール症候群
  ・眩暈症

本剤は、エーザイ株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

メリスロンの主な副作用は、以下の通りです。

・悪心がある
・嘔吐する
・発疹ができる

基本的に副作用の少ない安全なお薬です。

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用は、想定されていません。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
ヒスタミン様作用 気道が収縮する、胃酸の分泌が促進される、頭痛がする
消化器 悪心がある、嘔吐する、胃痛がする、胸やけがする、口や喉が渇く
過敏症 発疹ができる
その他 手足が痺れる(しびれる)、眠気がする、不安になる、手足が震える、眼が霞む、フラフラ感がある、動悸がする

 

メリスロンについて

メリスロンは、抗ヒスタミン系の鎮暈・鎮吐剤です。

眩暈や嘔吐がかえってひどくなったり眠気が発現する場合がありますので、車の運転や危険を伴う作業等は控えてください。

お酒(アルコール)は、副作用を促す可能性があるため控えてください。

持病やアレルギーのある方は事前に医師とご相談ください。

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・消化性潰瘍の既往歴のある方
・活動性の消化性潰瘍のある方
・気管支喘息の方
・褐色細胞腫のある方
・高齢の方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・小児等

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑