ナゾネックスによる副作用

公開日:  最終更新日:2017/08/10

ナゾネックスとは

ナゾネックス(NASONEX)とは、アレルギー性鼻炎の症状を緩和するためのお薬です。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状を改善するために利用します。

本剤の主成分は、モメタゾンフランカルボン酸エステル水和物(Mometasone Furoate Hydrate)で、ステロイド剤(副腎皮質ホルモン)です。

鼻粘膜に直接作用し、炎症を緩和させる作用があります。

この作用により、季節性の重い花粉症や、ダニやカビ、ハウスダスト等が原因のアレルギー性鼻炎に伴う各種症状を改善する効果が期待されます。

点鼻か噴霧で直接鼻に使用しますので、比較的速効性があり、かつ強力に作用します。

また、局所への利用であるため、副作用も限定されます。

適応症は以下の通りです。

・アレルギー性鼻炎

本剤は、あくまで対症療法剤です。

そのため、症状の根本原因を治療するものではありません。

本剤は、MSD株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

ナゾネックスの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

(成人)
・鼻症状
  ・刺激感がある
  ・そう痒感がある
  ・乾燥感がある
  ・疼痛がする
  ・発赤ができる等
・咽喉頭症状
  ・刺激感がある
  ・疼痛がする
  ・不快感がある
  ・乾燥する等
・リンパ球が減少する
・ビリルビン値が上昇する

(小児)
・鼻症状
  ・不快感がある
  ・刺激感がある
  ・乾燥感がある
・鼻出血がみられる
・コルチゾール値が減少する

雨アラート
開発元:Team White
価格:無料

雨域の接近を通知するアンドロイドアプリです。
外出や洗濯物のタイミングにとても便利。動作は日本付近限定です。
必要最小限の機能で省電力設計。これ1つ入れておくだけで以外と役に立ちます

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
アナフィラキシー様症状 紅斑ができる、悪寒がする、口唇浮腫ができる、咽頭浮腫ができる、口内の違和感がある、かゆみがある、くしゃみする、顔面が紅潮する、熱感がある、吐き気がする、嘔吐する、尿意がある、便意がある、そう痒感がある、全身が発赤する、顔面や喉頭浮腫ができる、呼吸困難になる、血圧が低下する、喘鳴(ぜんめい)がきこえる、血管浮腫ができる、不快感がある、眩暈(めまい)がする、耳鳴がきこえる、発汗する等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
過敏症 蕁麻疹(じんましん)等の発疹ができる
鼻腔 鼻症状がある(刺激感がある、そう痒感がある、乾燥感がある、疼痛がする、発赤する、不快感がある、灼熱感がある、鼻潰瘍がみられる等)、真菌検査が陽性になる、鼻出血がみられる、鼻漏がみられる、鼻閉がみられる、くしゃみする、嗅覚障害になる、鼻中隔穿孔がみられる等
口腔並びに呼吸器 咽喉頭症状がみられる(刺激感がある、疼痛がする、不快感がある、乾燥する等)、咳嗽(がいそう)がみられる、上気道炎になる
肝臓 肝機能障害がみられる、ALT(GPT)値が上昇する、AST(GOT)値が上昇する、ビリルビン値が上昇する、Al-P値が上昇する、ウロビリン尿がみられる
血液 好中球が増多する、好酸球が増多する、単球が増多する、白血球が減少する、白血球が増多する、白血球分画異常がみられる、赤血球が減少する、ヘモグロビンが減少する、ヘマトクリットが減少する、リンパ球が減少する、血小板が減少する、カリウム値が上昇する
精神神経系 頭痛がする、倦怠感がある
その他 コルチゾール値が減少する、蛋白尿がでる、尿糖がでる、BUN値が上昇する、コルチゾール値が上昇する、眼圧亢進がみられる、味覚障害がみられる

 

ナゾネックスについて

持病やアレルギーのある方は事前に医師とご相談ください。

細菌やウィルス性の感染症(真菌を含む)等がある場合、感染症を悪化させる場合がありますので、ご利用に際して注意が必要です。

傷の治癒を遅らせる作用があるため、外傷のある方や手術直後の方につきましては、慎重に対応する必要があります。

噴霧形状のものは、噴霧方法をキチンとご確認の上、ご利用ください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・有効な抗菌剤の存在しない感染症のある方
・全身性の真菌症のある方
・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・結核性疾患のある方
・未治療の感染症のある方
・眼の単純ヘルペスのある方
・反復性鼻出血のある方
・高齢の方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・授乳婦の方
・小児等

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑