ロキソニンテープによる副作用

公開日: 

ロキソニンテープとは

ロキソニンテープ(LOXONIN TAPE)とは、炎症や痛みを緩和するための貼り薬(湿布薬)です。

主に炎症を起こしている部位に利用されています。

本剤の主成分は、ロキソプロフェンナトリウム水和物(Loxoprofen Sodium Hydrate)で、炎症を引き起こす、プロスタグランジン(PG)の合成酵素であるシクロオキシゲナーゼ(COX)をブロックする作用があります。

この作用により、プロスタグランジンの体内での生成を抑え、結果として炎症が抑制され、痛みや腫れを緩和する作用が期待されます。

適応症は以下の通りです。

・下記疾患や症状の消炎、鎮痛
  ・変形性関節症
  ・筋肉痛
  ・外傷後の腫脹や疼痛

また、以下の急性期の炎症や痛み等の緩和にも利用されています。

・急性腰痛(ぎっくり腰)
・捻挫

内服薬ではないため、全身性の副作用はほとんどありません。

本剤は、第一三共株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

ロキソニンテープの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・そう痒がある
・紅斑ができる
・接触性皮膚炎になる
・ALT(GPT)値が上昇する
・AST(GOT)値が上昇する

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用は、特に想定されていません。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
皮膚 そう痒がある、紅斑ができる、接触性皮膚炎になる、皮疹ができる、皮下出血がみられる、皮膚刺激がある、色素沈着がみられる、水疱ができる、腫脹がみられる
消化器 胃不快感がある、上腹部痛がある、下痢する、軟便になる
肝臓 AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、γ-GTP値が上昇する
その他 浮腫ができる

 

ロキソニンテープについて

本テープは、非ステロイド抗炎症薬(NSAID)にカテゴライズされる経皮吸収型のお薬です。

効果は、1日1回貼り替えるだけで持続します。

但し、炎症を根本的に治療するお薬ではありません。あくまで症状を緩和するための対症療法薬です。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・気管支喘息の方
・高齢の方
・妊婦の方
・妊娠していると思われる方
・授乳婦の方
・小児等

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑