フェルビナクによる副作用

公開日: 

フェルビナクとは

フェルビナク(Felbinac)とは、炎症を抑え筋肉痛や関節痛を緩和するための外用薬です。

軟膏、クリーム、スプレー、貼り薬等、様々なタイプがあります。

フェルビナクは、成分名称で、炎症を引き起こすプロスタグランジン(PG)の体内での合成を抑制する働きがあります。

この働きにより、炎症が抑制され、痛みや腫れ等の症状を改善する効果が期待されます。

本剤を主成分とする製品は、ナパゲルン(NAPAGELN)やセルタッチパップ(SELTOUCH Pap)等、様々な製品が各社から製造販売されています。

ここでは貼り薬である、セルタッチパップについて記載します。

適応症は以下の通りです。

・下記疾患並びに症状の鎮痛・消炎
  ・変形性関節症
  ・肩関節周囲炎
  ・腱炎
  ・腱鞘炎
  ・腱周囲炎
  ・上腕骨上顆炎(テニス肘等)
  ・筋肉痛
  ・外傷後の腫脹や疼痛

但し、対症療法薬であるため、症状の原因を根本的に治療するものではありません。

体内へ吸収される量が少ないため、重大な副作用や全身性の副作用はほとんどなく、よく利用されるお薬です。

セルタッチパップは、ファイザー株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

フェルビナクの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・皮膚炎になる(発疹、湿疹を含む)
・そう痒がみられる
・発赤ができる
・接触皮膚炎になる

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
アナフィラキシー 紅斑ができる、悪寒がする、口唇浮腫ができる、咽頭浮腫ができる、口内の違和感がある、かゆみがある、くしゃみする、顔面が紅潮する、熱感がある、吐き気がする、嘔吐する、尿意がある、便意がある、そう痒感がある、全身が発赤する、顔面や喉頭浮腫ができる、呼吸困難になる、血圧が低下する、喘鳴(ぜんめい)がきこえる、血管浮腫ができる、不快感がある、眩暈(めまい)がする、耳鳴がきこえる、発汗する等
ショック 血圧低下に伴い失神する、意識が消失する、チアノーゼがみられる、呼吸困難になる、胸内苦悶がある、冷感がある、嘔吐する、顔が赤くなる、痒みがある、蕁麻疹(じんましん)ができる、痺れる(しびれる)、動悸がする、息切れする等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
皮膚 皮膚炎になる(発疹、湿疹を含む)、そう痒がみられる、発赤ができる、接触皮膚炎になる、刺激感がある、水疱ができる

 

フェルビナクについて

本剤を主成分とするお薬は、経皮吸収型鎮痛消炎剤であり、通常、非ステロイド抗炎症薬(NSAID)と呼ばれています。

作用機序は、炎症物質であるプロスタグランジン(PG)の合成酵素であるシクロオキシゲナーゼ(COX)をブロックすることにより、PG合成を抑制します。

持病やアレルギーのある方は事前に医師とご相談ください。

粘膜や目、傷口には使用しないでください。また、湿疹のある部位も避けてください。

本剤の利用中や利用後しばらくの間は、戸外での活動は避けてください。

また、外出時には本剤使用部位を衣類やサポーター等で覆う様にしてください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・気管支喘息のある方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・小児等

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑