プレドニンによる副作用

公開日:  最終更新日:2014/11/05

プレドニンとは

プレドニン(Predonine)とは、代表的なステロイド薬(Steroid drug)の一種です。

炎症、アレルギー等の症状を、強力に抑制する作用が期待されるお薬です。

利用範囲は広く、膠原病や関節リウマチ、喘息、アレルギー症状等、様々な部位の抗炎症薬として利用されています。

スポンサーリンク

主な副作用

プレドニンの主な副作用は、満月様顔貎(ムーンフェイス)です。

この症状は、食欲が増大すると同時に、脂肪の代謝障害が発現するため、急速に症状が発現する様です。

通常、お薬の使用量を少なくすることで元に戻ります。

後、免疫力が抑制されるため、風邪等になり易く、治りにくくなります。この場合は、感染症予防が第一となります。

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
心筋梗塞 左前胸部に突然圧迫感がある、狭心痛がある、嘔吐する、吐き気がする、ショック状態になる等
精神変調 イライラする、精神的に不安定である、躁鬱になる、幻覚が見える等
骨粗鬆症 骨折しやすい、手足が痛む、胸・背中・腰・足の付け根等が痛む、腰が曲がった、背丈が縮んだ等
脳梗塞 急に片側の手足や顔が麻痺する、しびれがある、意識障害がある、言語障害がある、頭痛がする、視力障害がある等
消化管潰瘍 食後に腹痛が長く継続する、腹部が張る、吐き気がする、嘔吐する、下痢する等
糖尿病 頻尿になる、多尿になる、喉の渇きがある、口が渇く、食欲が旺盛になる、倦怠感がある、目が霞む、血管障害がある、神経障害がある、感染症等の重大な合併症がある等
動脈瘤 通常無症状。ケースによって、腹部に拍動感がある、身体の深部や主に背中に突き刺すような痛みがある、(破裂に伴い)下腹部と腰に非常に激しい痛みがある、圧痛がある、ショック状態になる等
消化管出血 血を吐く(吐血)、黒いタール便がでる(メレナ)、貧血になる、疲れやすい、顔が青白い、脈が速くなる、低血圧になる、尿量が減少する、手足が汗ばむ、手足が冷たい、意識が混濁する、見当識障害がある、眠気がある等
誘発感染症 風邪・インフルエンザになり易い、細菌やウィルスの感染症を誘発する等
感染症の増悪 風邪にかかると症状が重くなる、B型肝炎ウイルスが増殖する、発熱する、喉の痛みがある、口内炎ができる、咳・痰が出る、水脹れができる、発疹ができる、頻尿になる等
後嚢白内障 目が霞む、眩しく感じる、視力が低下する、水晶体が白濁する等
緑内障 光が輪になって見える、目がかすむ、にじんで見える、眼が充血する、眼が乾く、眼が痛む等
続発性副腎皮質機能不全 37~38℃台の発熱がある、食欲がない、吐き気がする、嘔吐する、頭痛がある、全身がだるい、眠気がする、腹痛がある、関節が痛む、不機嫌である(小児)等
消化管穿孔(しょうかかんせんこう) 急激な腹痛がある、ショック症状になる、遊離ガスが横隔膜直下に溜まる、腹膜炎になる、大量に出血する、敗血症になる等
膵炎 胃の周辺が急に激しく痛む、吐き気がする、背中が痛む、嘔吐(おうと)する等
うつ状態 気力がなくなる、イライラする、気分が塞ぎこむ、何もする気が起きない等
痙攣(けいれん) 興奮状態が継続する、怒りっぽくなる、ぼんやりする、よろめく、吐き気がする、めまいがする、下肢のコントロールができない、筋肉の付随現象がある等
大腿骨及び上腕骨等の骨頭無菌性壊死 歩行時や起立時に股関節付近が痛む、腰痛がある、膝痛がある、臀部が痛む、大腿の前面部分が痛む、肩関節が痛む、大腿骨・上腕骨が骨折する等
ミオパチー 手足にしびれ感や痛みがある、足がだるい、立てない、転びやすくなる、腕を上げ辛い等
中心性漿液性網脈絡膜症 視力が低下する、中心暗点がある、変視症がある、小視症がある、色覚異常がある、遠視がある等
多発性後極部網膜色素上皮症 視力が低下する、中心暗点がある、変視症がある、小視症がある、色覚異常がある、遠視がある等(蛍光眼底撮影にて診断)
血栓症 手足がマヒする、しびれる、しゃべりにくい、胸の痛みがある、呼吸が困難になる、片方の足が急激に痛む・腫れる等
腱断裂等の腱障害 腱の疼痛がある、腱周辺に炎症がでる、浮腫等の症状がでる等
硬膜外脂肪腫 ふくらはぎが痛い等

上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
皮膚 ざ瘡がある、多毛になる、脱毛する、色素沈着がある、皮下溢血になる、紫斑がある、線条がある、そう痒がある、発汗が異常になる、顔面に紅斑ができる、脂肪織炎がでる等
過敏症 発疹がでる等
精神神経系 多幸症がある、不眠になる、頭痛がする、めまいがする等
消化器 下痢する、悪心がある、嘔吐する、胃が痛む、胸やけがする、腹部に膨満感がある、口が渇く、食欲がない、食欲がある、腸管嚢胞様気腫症がある等
網膜に障害がでる、眼球が突出する等
内分泌系 月経に異常がある、クッシング症候群の様な症状がある等
脂質・蛋白質代謝 満月様顔貌(ムーンフェイス)になる、野牛肩になる、窒素負平衡になる、脂肪肝がある等
呼吸器 縦隔気腫がある
筋・骨格 筋肉痛がある、関節痛がある等
体液・電解質 浮腫がある、血圧が上昇する、低カリウム性アルカローシスがある等
血液 白血球が増多する等
その他 発熱する、疲労感がある、ステロイド腎症になる、体重が増加する、精子数やその運動性が増減する、尿路結石ができる、創傷治癒障害になる、皮膚や結合組織が菲薄化・脆弱化する

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑