マグミット(酸化マグネシウム)による副作用

公開日: 

マグミットとは

マグミット(Magmitt)とは、便通を良くし胃酸を中和するお薬です。

通常「カマ」とか「カマグ」と呼ばれているお薬です。

本剤の主成分は、酸化マグネシウム(Magnesium Oxide)で、水分を腸内に引き寄せる作用により便を軟化させ腸を刺激し、便通が良くなります。

また、胃に対しては制酸作用により胃酸を中和するため、胃潰瘍や胃炎をより早く治す効果があります。

適応症は以下の通りです。

・下記疾患における制酸作用と症状の改善
  ・胃潰瘍
  ・十二指腸潰瘍
  ・胃炎(急・慢性胃炎、薬剤性胃炎を含む)
  ・上部消化管機能異常(神経性食思不振、いわゆる胃下垂症、胃酸過多症を含む)
・便秘症
・尿路蓚酸カルシウム結石の発生予防

本剤は、協和化学工業株式会社、健栄製薬株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

マグミットの主な副作用は、以下の通りです。

・下痢
・腹痛

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
高マグネシウム血症 悪心がある、嘔吐する、口が渇く、血圧が低下する、徐脈になる、皮膚潮紅がみられる、筋力が低下する、瞼(まぶた)が下がる、傾眠がみられる、息苦しい、呼吸抑制がみられる、意識障害がみられる、不整脈がみられる、心停止になる等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
消化器 下痢、軟便、腹痛等
電解質 血清マグネシウム値の上昇
過量投与 深部腱反射の消失がみられる、呼吸抑制がみられる、意識障害がみられる、房室ブロックや伝導障害等の不整脈がみられる、心停止になる等

 

マグミットについて

酸化マグネシウムは、古くから利用されている軟化剤です。

持病やアレルギーのある方は事前に医師とご相談下さい。

用法・用量は医師の指示に従ってください。

長期にわたり大量に服用している場合、念のため高マグネシウム血症に注意が必要です。

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・腎障害のある方
・心機能障害のある方
・下痢のある方
・高マグネシウム血症の方
・高齢の方

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、医師とご相談ください。

・テトラサイクリン系抗生物質
  ・テトラサイクリン
  ・ミノサイクリン等

・ニューキノロン系抗菌剤
  ・シプロフロキサシン
  ・トスフロキサシン等

・ビスホスホン酸塩系骨代謝改善剤
  ・エチドロン酸二ナトリウム
  ・リセドロン酸ナトリウム等

・セフジニル
・ミコフェノール酸モフェチル
・デラビルジン
・ザルシタビン
・ペニシラミン
・アジスロマイシン
・セレコキシブ
・ロスバスタチン
・ラベプラゾール
・ガバペンチン
・ジギタリス製剤
  ・ジゴキシン
  ・ジギトキシン等

・鉄剤
・フェキソフェナジン
・ポリカルボフィルカルシウム
・高カリウム血症改善イオン交換樹脂製剤
  ・ポリスチレンスルホン酸カルシウム
  ・ポリスチレンスルホン酸ナトリウム

・活性型ビタミンD3製剤
  ・アルファカルシドール
  ・カルシトリオール

・大量の牛乳
・カルシウム製剤
・ミソプロストール

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑