ネキシウムによる副作用

公開日: 

ネキシウムとは

ネキシウム(Nexium)とは、胃酸の分泌を抑制し胃潰瘍や逆流性食道炎の症状を改善するためのお薬です。

本剤の主成分は、エソメプラゾールマグネシウム水和物(Esomeprazole Magnesium Hydrate)で、胃酸を分泌する際に必要な酵素(H+,K+_ATPase)の働きをブロックすることにより、胃酸の分泌を抑制する作用があります。

この作用により、余分な胃酸が様々な障害を起こすことを抑制する効果が期待されます。

また、胃腸病変の原因菌と言われている「ヘリコバクター・ピロリ」の除菌にも他の抗生物質と共に利用されています。

適応症は以下の通りです。

・胃潰瘍
・十二指腸潰瘍
・吻合部潰瘍
・逆流性食道炎
・非びらん性胃食道逆流症
・Zollinger-Ellison症候群
・非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制
・低用量アスピリン投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制

・下記におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助胃潰瘍
  ・十二指腸潰瘍
  ・胃MALTリンパ腫
  ・特発性血小板減少性紫斑病
  ・早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃
  ・ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎

本剤は、アストラゼネカ株式会社、第一三共株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

ネキシウムの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

(逆流性食道炎、非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制)
・下痢する
・CK(CPK)値が上昇する
・肝機能異常がみられる
・ALT(GPT)値が上昇する

(低用量アスピリン投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制)
・下痢する
・びらん性胃炎になる
・腹部膨満がみられる
・胃ポリープができる
・貧血になる

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
アナフィラキシー 紅斑ができる、悪寒がする、口唇浮腫ができる、咽頭浮腫ができる、口内の違和感がある、かゆみがある、くしゃみする、顔面が紅潮する、熱感がある、吐き気がする、嘔吐する、尿意がある、便意がある、そう痒感がある、全身が発赤する、顔面や喉頭浮腫ができる、呼吸困難になる、痙攣(けいれん)する、血圧が低下する、喘鳴(ぜんめい)がきこえる、血管浮腫ができる、不快感がある、眩暈(めまい)がする、耳鳴がきこえる、発汗する等
ショック 血圧低下に伴い失神する、意識が消失する、チアノーゼがみられる、呼吸困難になる、胸内苦悶がある、冷感がある、嘔吐する、顔が赤くなる、痒みがある、蕁麻疹(じんましん)ができる、痺れる(しびれる)、動悸がする、息切れする等
汎血球減少症 全身がだるい、階段等を上る際に息切れする、動悸がする、頭重がみられる、頭痛がする、眩暈(めまい)がする、鼻血がでる、耳鳴りがする、皮下出血がみられる、歯茎の出血がみられる等
無顆粒球症 発熱する、咽頭痛になる、倦怠感がある、口内炎ができる等
血小板減少(血小板減少症) 手足に赤い点(点状出血)ができる、あざができる、鼻血がでる、歯茎の出血がみられる等
劇症肝炎 白眼や皮膚が黄色くなる、発熱する、吐き気がする、全身がだるい、AST(GOT)値の著しく上昇する、ALT(GPT)値が著しく上昇する、γ-GTP値が著しく上昇する、Al-P値が著しく上昇する等
肝機能障害 倦怠感が増大する、食欲が低下する、呼吸困難になる、吐き気がする、常に眠い状態、黄疸がでる、AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、γ‐GTP値が上昇する、総ビリルビン値が上昇する、急性肝不全になる、肝炎になる等
黄疸 嘔気がある、嘔吐する、食欲不振になる、倦怠感がある、そう痒等がみられる、皮膚や白目が黄色くなる、下痢する、全身の脱力感がある、38度から39度の発熱がある、ブツブツ状の発疹ができる等
肝不全 黄疸がでる、出血傾向になる、腹水がでる、脱力感がある、肝性脳症になる、全身の健康状態が悪化する、吐き気や食欲不振がある等
中毒性表皮壊死融解症(Toxic EpidermalNecrolysis:TEN) からだがだるい、関節が痛む、皮膚が焼けるように痛む、全身の赤い斑点と破れやすい水ぶくれ(水疱)ができる、発熱する、食欲不振になり口内が荒れる等
皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群) 高熱がでる、陰部が痛む、関節が痛む、ひどい口内炎ができる、唇や口内のただれがみられる、発熱する、皮膚がまだら模様に赤くなる、皮膚に水脹れが出る(各種皮膚障害)、中央にむくみをともなった赤い斑点ができる、赤い発疹ができる、まぶたや眼の充血がみられる、結膜のただれがある、食欲不振になる、からだがだるい等
間質性肺炎 発熱する、咳嗽(がいそう)がみられる、呼吸困難になる、胸部X線異常がみられる、好酸球が増多する、動悸がする、息切れする等
間質性腎炎 発熱する、関節が痛む、吐き気がする、下痢する、尿が濁る等
横紋筋融解症 手足肩を中心とした筋肉痛・こわばりがある、手足が痺れる(しびれる)、赤褐色の尿がでる、脱力感がある、CK(CPK)値が上昇する、血中及び尿中ミオグロビン値が上昇する等、急激な腎機能悪化を伴う場合がある
低ナトリウム血症 顔面蒼白になる、食欲が低下する、吐き気がする、筋力が低下する、活動力が低下する、倦怠感がある、喉が渇く等
錯乱状態 外部状況に対し適した対応が出来ない状態、話や動作にまとまりがない。せん妄がみられる、異常行動がみられる、失見当識がみられる、幻覚がみられる、不安がある、焦燥がある、攻撃性がみられる等

 

類薬(オメプラゾール)での重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
溶血性貧血 赤い尿がでる、皮膚や白目が黄色くなる、発熱する、貧血になる等
視力障害 視力が低下する(弱視)、明順応障害がみられる、暗順応障害がみられる、視野狭窄がみられる等
急性腎不全 尿量が減少する、尿が赤みがかる、眼がはれぼったい、疲れやすい、からだがだるい、腹痛がある、吐き気がある、下痢する、脱力感がある、関節が痛む、頭痛がする、顔や手足が浮腫む、息苦しい、意識が低下する等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

まず、以下の疾患に対して利用した場合

・胃潰瘍
・十二指腸潰瘍
・吻合部潰瘍
・逆流性食道炎
・非びらん性胃食道逆流症
・Zollinger-Ellison症候群
・非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制
・低用量アスピリン投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
過敏症 発疹ができる、皮膚炎になる、そう痒症になる、蕁麻疹(じんましん)がでる、光線過敏になる、多形紅斑がみられる
消化器 腹痛がする、下痢する、嘔吐する、便秘になる、口内炎ができる、カンジダ症になる、口が渇く、鼓腸がでる、悪心がある、顕微鏡的大腸炎になる(collagenous colitis、lymphocytic colitis)
肝臓 肝酵素上昇がみられる
血液 白血球数が減少する
精神神経系 頭痛がする、錯感覚がある、傾眠がみられる、浮動性眩暈(めまい)がする、不眠症になる、うつ病になる
その他 CK(CPK)値が上昇する、回転性眩暈(めまい)がする、女性化乳房がみられる、味覚障害になる、脱毛症になる、関節痛がある、筋痛がある、霧視になる、倦怠感がある、多汗症になる、筋力が低下する、低マグネシウム血症になる、末梢性浮腫ができる
過量投与 脱力がみられる、軟便がでる、悪心がある等

 

次に、以下の疾患に利用した場合。

・ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助胃潰瘍

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
過敏症 発疹ができる
消化器 下痢する、軟便がでる、味覚異常がみられる、口内炎ができる、腹痛がする、食道炎になる、腹部膨満感がある、便秘になる、舌炎がみられる、悪心がある、口が渇く、十二指腸炎になる
肝臓 肝機能異常がみられる、AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、Al-P値が上昇する、ビリルビン値が上昇する、LDH値が上昇する
血液 好酸球数が増多する、血小板数が減少する、貧血になる、白血球数が増多する、白血球分画異常がみられる
精神神経系 頭痛がする、しびれ感がある、眩暈(めまい)がする、睡眠障害になる
その他 尿蛋白陽性がみられる、尿酸値が上昇する、総コレステロール値が上昇する、QT延長がみられる、発熱する、倦怠感がある、カンジダ症になる、尿糖陽性になる、動悸がする、霧視になる

 

ネキシウムについて

本剤は、プロトンポンプとして働く「H+,K+_ATPase」酵素を阻害することにより胃酸の分泌を抑制するため、プロトンポンプ阻害薬(プロトンポンプインヒビター:PPI)と呼ばれております。

強力な胃酸分泌抑制作用があるため、胃潰瘍や逆流性食道炎に対して、最初に利用されるお薬の1つになっています。

持病やアレルギーのある方は事前に医師とご相談ください。

長期服用により肝機能や腎機能に影響が出る場合がありますので注意が必要です。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・アタザナビル硫酸塩を利用中の方
・リルピビリン塩酸塩を利用中の方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・薬物過敏症の既往歴のある方
・肝障害のある方
・高齢の方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・授乳婦の方
・小児等

以下の薬剤等との併用は、基本的に禁忌です。ご利用されている方は、飲み合わせにつきまして医師とご相談ください。

・アタザナビル硫酸塩
  ・レイアタッツ
・リルピビリン塩酸塩
  ・エジュラント

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、飲み合わせにつきまして医師とご相談ください。

・ジアゼパム
・フェニトイン
・シロスタゾール
・ワルファリン
・タクロリムス水和物
・ジゴキシン
・メチルジゴキシン
・イトラコナゾール
・チロシンキナーゼ阻害剤
・ゲフィチニブ
・ニロチニブ
・エルロチニブ
・ボリコナゾール
・ネルフィナビルメシル酸塩
・サキナビルメシル酸塩
・セイヨウオトギリソウ(St. John’s Wort、セント・ジョーンズ・ワート)含有食品
・メトトレキサート

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑