チラーヂンによる副作用

公開日:  最終更新日:2017/08/12

チラーヂンとは

チラーヂン(THYRADIN)とは、甲状腺ホルモンを補充し、身体の基礎代謝を高めるお薬です。

何らかの原因で甲状腺ホルモンの分泌量が低下すると、身体がだるい、冷え、肌荒れ、声枯れ、むくみ、便秘、動作が緩慢になる、徐脈になる等、様々な症状が発現します。

主成分の、レボチロキシンナトリウム水和物(Levothyroxine Sodium Hydrate)は、体内で甲状腺ホルモンに変換され、このホルモンの補充作用を発現します。

適応症は、以下の通りです。

・粘液水腫(ねんえきすいしゅ)
・クレチン病(先天性甲状腺機能低下症)
・甲状腺機能低下症(原発性及び下垂体性)
・甲状腺腫
・慢性甲状腺炎(橋本病)

本剤は、長時間作用が持続するため、安定した効果が期待され広く利用されています。

因みに、「チラージン」の表記は誤りです。

本剤は、あすか製薬株式会社、武田薬品工業株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

チラーヂンの主な副作用には、特に統計データがある訳ではありませんが、飲む量が多いと以下の様な症状が現れるとの報告があります。

・動悸がする
・手指が震える
・汗をかく

上記の様な症状が発現した場合には、医師と相談してください。

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
狭心症 突然の胸部の痛みがみられる、絞めつけ感がある、圧迫感がある等
肝機能障害 倦怠感が増大する、食欲が低下する、呼吸困難になる、吐き気がする、常に眠い状態、黄疸がでる、AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、γ-GTP値が上昇する、総ビリルビン値が上昇する等
黄疸 嘔気がする、嘔吐する、食欲不振になる、倦怠感がある、そう痒がある等、皮膚や白目が黄色くなる、下痢する、全身の脱力感がある、38度から39度の発熱がある、ブツブツ状の発疹がでる等
副腎クリーゼ 全身けん怠感がある、血圧が低下する、尿量が低下する、呼吸困難になる等の症状等
晩期循環不全 血圧が低下する、尿量が低下する、血清ナトリウム値が低下する等
ショック 血圧低下に伴い失神する、意識が消失する、チアノーゼがみられる、呼吸困難になる、胸内苦悶がある、冷感がある、嘔吐する、顔が赤くなる、痒みがある、蕁麻疹(じんましん)がでる、痺れる(しびれる)、動悸がする、息切れする等
うっ血性心不全 心臓の収縮力が低下する、心臓や肺静脈のうっ血がみられる、動悸がする、息切れする、就寝中に咳がでる、呼吸困難になる等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
過敏症 過敏症状がでる
肝 臓 肝機能検査値異常〔AST(GOT)値が上昇する,ALT(GPT)値が上昇する,γ-GTP値が上昇する等〕
循環器 心悸亢進がみられる,脈拍が増加する,不整脈がみられる
精神神経系 頭痛がする、眩暈(めまい)がする、不眠になる、振戦がある、神経過敏になる、興奮する、不安感がある、躁うつ等の精神症状がみられる
消化器 嘔吐する、下痢する、食欲不振になる
その他 筋肉痛になる、月経障害がみられる、体重が減少する,脱力感がある、皮膚が潮紅する、発汗する、発熱する、けん怠感がある

 

雨アラート
開発元:Team White
価格:無料

雨域の接近を通知するアンドロイドアプリです。
外出や洗濯物のタイミングにとても便利。動作は日本付近限定です。
必要最小限の機能で省電力設計。これ1つ入れておくだけで以外と役に立ちます

チラーヂンについて

本剤は、心臓の負担にならない様、最初は少量から利用を開始し、徐々に増やすのが適切です。

持病のある方や、アレルギーのある方は、医師と相談してください。

特に心臓に関する病気等は注意が必要ですので、必ず医師と相談したください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・最近、心筋梗塞のあった方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・狭心症や陳旧性心筋梗塞、動脈硬化症、高血圧症等の重篤な心・血管系の障害のある方
・副腎皮質機能不全のある方
・脳下垂体機能不全のある方
・低出生体重児,早産児
・糖尿病の方
・高齢の方

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり注意が必要なので、医師とご相談ください。

・クマリン系抗凝血剤(ワルファリンカリウム等)
・交感神経刺激剤(アドレナリン、ノルアドレナリン、エフェドリン・メチルエフェドリン含有製剤)
・強心配糖体製剤(ジゴキシン、ジギトキシン等)
・血糖降下剤(インスリン製剤、スルフォニル尿素系製剤等)
・コレスチラミン
・コレスチミド
・鉄剤
・アルミニウム含有制酸剤
・炭酸カルシウム
・炭酸ランタン水和物
・セベラマー塩酸塩
・フェニトイン製剤

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑