ユリノームによる副作用

公開日: 

ユリノームとは

ユリノーム(URINORM)とは、尿酸を減少させるお薬です。

通常、痛風や高尿酸血症の治療に利用されています。

本剤の主成分は、ベンズブロマロン(Benzbromarone)で、腎臓に作用し体内の尿酸を通常より多く尿へ排泄する効果が期待されます。

結果として、体内の尿酸値が低下し、痛風や高尿酸血症の症状を予防する効果があると言われています。

適応症は以下の通りです。

・下記の場合における高尿酸血症の改善
  ・痛風
  ・高尿酸血症を伴う高血圧症

本剤は、予防薬です。痛風発作時等には、鎮痛消炎薬等を利用する必要があります。

本剤は、鳥居薬品株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

ユリノームの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・胃部不快感がある
・胃腸障害がある
・そう痒感がある
・発疹ができる
・下痢する

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
重篤な肝障害 発疹がでる、皮膚そう痒感がある、発熱する、悪心がある、嘔吐する、食欲不振になる、けん怠感等の随伴症状がある等
劇症肝炎 白眼や皮膚が黄色くなる、発熱する、吐き気がする、全身がだるい、AST(GOT)値の著しく上昇する、ALT(GPT)値が著しく上昇する、γ-GTP値が著しく上昇する、Al-P値が著しく上昇する等
黄疸 嘔気がある、嘔吐する、食欲不振になる、倦怠感がある、そう痒がある等、皮膚や白目が黄色くなる、下痢する、全身の脱力感がある、38度から39度の発熱がある、ブツブツ状の発疹ができる等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
過敏症 そう痒感がある、発疹ができる、蕁麻疹(じんましん)がでる、顔面発赤がみられる、紅斑ができる、光線過敏症になる
肝臓 AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、Al-P値が上昇する、黄疸がみられる
消化器 胃部不快感がある、胃腸障害がみられる、下痢する、軟便になる、胸やけがする、胃痛がする、腹痛がする、悪心がある、口内の荒れがみられる
その他 浮腫ができる、心窩部不快感がある、頭痛がする

 

ユリノームについて

持病やアレルギーのある方は事前に医師とご相談ください。

妊娠している方は利用できません。

アルコール(飲酒)は控えてください。

本剤を服用すると、尿中に尿酸が多く排泄されるため尿酸とカルシウムの結石が生成しやすくなりますので、なるべく水分を多めに摂取する様にしてください。

本剤は、肝臓で代謝されます。そのため、長期間に渡り利用する場合、肝機能に関する副作用が発現する場合がありますので、肝機能に関する検査を定期的に受けてください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・肝障害のある方
・腎結石を伴う方
・高度の腎機能障害のある方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・高齢の方
・授乳婦の方
・小児等

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、飲み合わせにつきまして医師とご相談ください。

・クマリン系抗凝血薬
  ・ワルファリン
・抗結核薬
  ・ピラジナミド
・サリチル酸製剤
  ・アスピリン

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑