リーゼによる副作用

公開日:  最終更新日:2017/08/12

リーゼとは

リーゼ(RIZE)とは、不安や緊張を緩和しリラックスさせるお薬です。寝つきを良くする作用もあります。

主成分のクロチアゼパム(Clotiazepam)は、神経のBZD受容体に作用し、リラックス系の神経を活発にさせます。ベンゾジアゼピン系にカテゴライズされるお薬です。

また、リーゼの副作用は、かなり少ないと報告されています。

ベンゾジアゼピン系のお薬には、以下の作用が期待されます。

・抗不安作用(不安や緊張を緩和する)
・鎮静催眠作用(興奮を抑制し眠りへ誘う)
・筋弛緩作用(筋肉の緊張等を緩和する)
・抗痙攣(けいれん)作用(痙攣を予防・抑制する)

作用は、やや軽めとの報告があります。

適応症は、以下の通りです。

・心身症(消化器疾患、循環器疾患)時の身体症候、及び不安・緊張・心気・抑うつ・睡眠障害
・次の疾患時の眩暈(めまい)・肩こり・食欲不振
 自律神経失調症
・麻酔前投薬

上記以外にも、以下の通り、様々な分野で利用されています。

・パニック障害
・自律神経失調症
・更年期障害
・うつ病
・不眠症
・統合失調症
・躁病
・緊張型頭痛
・頸椎症
・腰痛症
・肩こり
・各種痙攣(けいれん)性の病気
・焦燥(しょうそう:あせり)
・うつ状態
・不安神経症
・強迫神経症
・心気症
・離人症
・解離性障害
・頸肩腕症候群

リーゼは、田辺三菱製薬株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

リーゼの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・眠気がする
・ふらつく
・けん怠感がある

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
依存性 連用により薬物依存になる、薬をやめられない
肝機能障害 倦怠感が増大する、食欲が低下する、呼吸困難になる、吐き気がする、常に眠い状態、黄疸がでる、AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、γ-GTP値が上昇する、総ビリルビン値が上昇する等
黄疸 嘔気がある、嘔吐する、食欲不振になる、倦怠感がある、そう痒等がある、皮膚や白目が黄色くなる、下痢する、全身の脱力感がみられる、38度から39度の発熱がある、ブツブツ状の発疹ができる等
離脱症状 痙攣(けいれん)発作がおこる、せん妄がみられる、振戦がみられる、不眠になる、不安になる、幻覚がみられる、妄想する等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
精神神経系 眠気がする、ふらつく、眩暈(めまい)がする、歩行失調がみられる、霧視になる、頭痛がする、頭重になる、振戦がみられる、手足が痺れる(しびれる)、舌がもつれる
循環器 耳鳴がする、血圧が低下する、立ちくらみがする、頻脈になる
消化器 悪心がある、嘔吐する、食欲不振になる、胃痛がする、便秘になる、口が渇く
皮膚 発疹ができる、かゆみがある
骨格筋 易疲労がみられる、けん怠感がある、脱力感等の筋緊張低下症状がみられる、筋痛がある、関節痛がある
その他 浮腫ができる

 

雨アラート
開発元:Team White
価格:無料

雨域の接近を通知するアンドロイドアプリです。
外出や洗濯物のタイミングにとても便利。動作は日本付近限定です。
必要最小限の機能で省電力設計。これ1つ入れておくだけで以外と役に立ちます

リーゼについて

本剤の副作用は少なく、安全なお薬ですが、長期に渡り、大量に服用した場合、耐性や依存が発生する可能性がありますので、ご注意ください。

持病やアレルギーのある方は、事前に医師と相談してください。

アルコール(お酒)は、控えてください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・急性狭隅角緑内障の方
・重症筋無力症の方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・心障害のある方
・肝障害のある方
・腎障害のある方
・脳に器質的障害のある方
・乳児や幼児
・高齢の方
・衰弱している方
・中等度以上の呼吸不全のある方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・授乳婦の方

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、医師とご相談ください。

・中枢神経抑制剤(フェノチアジン誘導体、バルビツール酸誘導体等)
・MAO阻害剤
・アルコール(飲酒)

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑