テトラミドによる副作用

公開日: 

テトラミドとは

テトラミド(Tetramide)とは、鬱病やうつ状態を緩和するためのお薬です。

本剤の主成分は、ミアンセリン塩酸塩(Mianserin Hydrochloride)で、神経伝達物質のノルアドレナリンを増加させる作用があります。

この作用により、神経の働きを良くし意欲が高まる効果が期待されます。

悲観的になったり、気分が晴れない、落ち込む、やる気が出ない等の症状の際、気持ちを前向きにする効果があると言われています。

さらに緊張した気分や不安を緩和させる作用も期待されます。

適応症は以下の通りです。

・うつ病
・うつ状態

上記以外にも応用として以下の症状に利用されています。

・パニック障害
・過食症

本剤は、第一三共株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

テトラミドの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・眠気がする
・口が渇く
・便秘になる
・眩暈(めまい)がする
・ふらつく
・立ち眩みがする
・脱力感がある

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
悪性症候群(Syndrome malin) 無動緘黙(むどうかんもく:無言症。無動無言状態のこと)がみられる、強度の筋強剛(きんきょうごう:筋肉のこわばり)がみられる、嚥下困難になる、頻脈になる、血圧の変動がみられる、発汗等の症状が現れ、その後、発熱する場合がある。高熱が持続し、意識障害、呼吸困難、循環虚脱、脱水症状、急性腎不全へと移行し、死亡した例の報告がある
無顆粒球症 発熱する、咽頭痛になる、倦怠感がある、口内炎ができる等
QT延長 脈が乱れる、立ち眩みがする、意識を失う等
心室頻拍(Torsades de pointesを含む) 心室期外収縮が引き金で突然、発作的な頻拍になる、不整脈がみられる等
心室細動 頻脈になる、胸の痛みがある、息切れする、動悸がする、発熱する、吐き気がする、嘔吐する、痙攣(けいれん)する、不整脈がみられる、脈拍喪失がみられる、意識消失がみられる、全身痙攣(ぜんしんけいれん)がおこる、無呼吸になる、あえぎ呼吸がみられる(死戦期呼吸、下顎呼吸)、心停止する等
肝機能障害 倦怠感が増大する、食欲が低下する、呼吸困難になる、吐き気がする、常に眠い状態、黄疸がでる、AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、γ-GTP値が上昇する、総ビリルビン値が上昇する等
黄疸 嘔気がある、嘔吐する、食欲不振になる、倦怠感がある、そう痒がある等、皮膚や白目が黄色くなる、下痢する、全身の脱力感がある、38度から39度の発熱がある、ブツブツ状の発疹ができる等
痙攣(けいれん) 興奮状態が継続する、怒りっぽい、ぼんやりする、よろめく、吐き気がする、眩暈(めまい)がする、下肢コントロールが不能になる、筋肉の付随現象がみられる等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
過敏症 発疹ができる、浮腫ができる
循環器 徐脈になる、頻脈になる、動悸がする、血圧が降下する
精神神経系 眠気がする、下肢不安症になる、鎮静がみられる、振戦等のパーキンソン症状がみられる、眩暈(めまい)がする、ふらつく、頭痛がする、不眠になる、視調節障害がみられる、躁転がみられる、焦躁感がある、不安になる、しびれ感がある、構音障害がみられる、アカシジアがみられる、運動失調がみられる、ぼんやりする
消化器 口が渇く、便秘になる、悪心がある、嘔吐する、食欲不振になる、食欲亢進がみられる、胃腸障害になる、下痢する、にがみがある、腹痛がする
肝臓 AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、γ-GTP値が上昇する、Al-P値が上昇する
筋骨格系 関節痛になる
その他 脱力感がある、倦怠感がある、排尿困難になる、発汗する、鼻閉がみられる、体重が増加する、浮腫ができる
過量投与 鎮静が見られる、不整脈になる、痙攣(けいれん)する、重篤な低血圧になる、呼吸抑制がみられる

 

テトラミドについて

本剤は、1983年に発売された抗うつ剤です。

第二世代の四環系抗うつ薬と言われるカテゴリのお薬で、三環系のお薬と比較して効果はやや弱めですが、抗コリン作用等に伴う副作用も少ないのが特徴です。

眠気や眩暈(めまい)を起こす場合がありますので、車の運転や危険を伴う作業等は控えてください。

持病やアレルギーのある方は事前に医師とご相談ください。

アルコール(飲酒)は控えてください。

24歳以下の若い方の場合、かえって悪い作用が発現する可能性がありますので利用の際には十分注意が必要です。

鬱病の場合、症状が改善したからと言って、薬の服用を急に中止すると症状が揺り戻しにより悪化する場合があります。

本剤の利用を止める場合には、医師と相談の上、段階的に服用量を少なくする必要があります。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
・MAO阻害剤を投与中の方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・緑内障の方
・排尿困難のある方
・眼内圧亢進等のある方
・心疾患のある方
・肝障害のある方
・腎障害のある方
・てんかん等の痙攣性疾患の方、又は、これらの既往歴のある方
・躁鬱病の方
・脳の器質障害のある方
・統合失調症の素因のある方
・衝動性が高い併存障害を有する方
・自殺念慮のある方、又は既往のある方
・自殺企図の既往のある方
・コントロール不良な糖尿病の方
・低出生体重児、新生児、乳児、幼児、小児等
・高齢の方
・QT延長又はその既往歴のある方
・QT延長を起こすことが知られている薬剤を投与中の方
・著明な徐脈や低カリウム血症等がある方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・授乳婦の方

以下の薬剤等との併用は、基本的に禁忌です。ご利用されている方は、飲み合わせにつきまして医師とご相談ください。

・MAO阻害剤

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、飲み合わせにつきまして医師とご相談ください。

・中枢神経抑制剤
  ・バルビツール酸誘導体等
・CYP3A4酵素誘導作用を有する薬剤
  ・カルバマゼピン
  ・フェニトイン等
・アルコール
・降圧剤
  ・クロニジン塩酸塩等

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑