ブスコパンによる副作用

公開日: 

ブスコパンとは

ブスコパン(Buscopan)とは、胃や十二指腸等の内臓疾患で起きる痙攣(けいれん)や運動機能亢進を抑制し、痛みを緩和するためのお薬です。

主成分のブチルスコポラミン臭化物(Scopolamine Butylbromide)は、神経伝達物質であるアセチルコリンを抑制することにより副交感神経の刺激を緩和し、結果として胃腸等の内臓の動きを抑制します。また、痛みも緩和させます。

胃腸等の動きや胃液(胃酸やペプシン)の分泌は、副交感神経でコントロールされていますので、本剤は、これを抑制する形で作用します。(抗コリン作用)

尚、作用は胃腸等だけではなく、膀胱、子宮等の平滑筋にも作用するため、尿路結石症や月経困難症の治療にも利用されます。

適応症は以下の通りです。

下記疾患の痙攣(けいれん)や運動機能亢進
・胃潰瘍
・十二指腸潰瘍
・食道痙攣
・幽門痙攣
・胃炎
・腸炎
・腸疝痛
・痙攣性便秘
・機能性下痢
・胆のう炎
・胆管炎
・胆石症
・胆道ジスキネジー
・胆のう切除後の後遺症
・尿路結石症
・膀胱炎
・月経困難症

上記の通り、痙攣(けいれん)を抑える鎮痙剤(ちんけいざい)として、よく利用されるお薬です。

本剤は、日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

ブスコパンの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
ショック 血圧低下に伴い失神する、意識消失する、チアノーゼがみられる、呼吸困難になる、胸内苦悶がある、冷感がある、嘔吐する、顔が赤くなる、痒みがある、蕁麻疹(じんましん)がでる、痺れる(しびれる)、動悸がする、息切れする等
アナフィラキシー様症状 紅斑がでる、悪寒がする、口腔咽頭浮腫ができる、口内の違和感がある、かゆみがある、くしゃみする、顔面紅潮がみられる、熱感がある、吐き気がする、嘔吐する、尿意がある、便意がある、そう痒感がある、全身発赤する、顔面や喉頭に浮腫ができる、呼吸困難になる、血圧が低下する、喘鳴(ぜんめい)がきこえる、血管浮腫ができる、不快感がある、眩暈(めまい)がする、耳鳴がする、発汗する等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
散瞳がみられる、閉塞隅角緑内障になる
消化器 口が渇く、腹部膨満感がある、鼓腸がある、便秘する
泌尿器 排尿障害がある
精神神経系 頭痛がする、頭重感がみられる
循環器 心悸亢進がみられる
過敏症 発疹ができる、蕁麻疹がでる、紅斑ができる、そう痒症になる
過量投与 口が渇く、眼の調節障害がおこる、せん妄がみられる、心悸亢進がみられる、血圧が上昇する等

 

ブスコパンについて

持病やアレルギーのある方は、事前に医師とご相談ください。

眼の調節障害などが発現する可能性があるため、車の運転や危険を伴う作業等は、控えてください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・出血性大腸炎の方
・緑内障の方
・前立腺肥大による排尿障害のある方
・重篤な心疾患のある方
・麻痺性イレウスの方
・本剤に対して過敏症の既往歴のある方

以下の方は、原則禁忌です。

・細菌性下痢の方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・前立腺肥大のある方
・うっ血性心不全のある方
・不整脈のある方
・潰瘍性大腸炎の方
・甲状腺機能亢進症の方
・高温環境にある方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・授乳婦の方

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、医師とご相談ください。

・抗コリン作用を有する薬剤
  ・三環系抗うつ剤
  ・フェノチアジン系薬剤
  ・モノアミン酸化酵素阻害剤
  ・抗ヒスタミン剤等
・ドパミン拮抗剤
  ・メトクロプラミド等

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑