パブロンによる副作用

公開日: 

パブロンとは

パブロン(Pabron)とは、総合感冒薬です。(指定第二類医薬品)

昔から市販されている風邪薬で、最も有名な感冒薬の1つです。

主成分は、アセトアミノフェン(Acetaminophen)で、頭痛、発熱、喉の痛み等の症状を緩和させる作用があります。

これ以外にも、パブロンには、ブロムヘキシン塩酸塩、マレイン酸カルビノキサミン等の成分も含有されているため、咳や痰、くしゃみ、鼻水、鼻づまり等の症状にも効果があると言われています。

適応症は以下の通りです。

かぜの諸症状の緩和
・のどの痛み
・せき
・鼻みず
・鼻づまり
・くしゃみ
・たん
・頭痛
・発熱
・悪寒
・関節の痛み
・筋肉の痛み

パブロンは、大正製薬株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

パブロンの主な副作用は、以下の通りです。

・眠気がする
・口が渇く
・便秘になる
・胃痛がする等

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
ショック 血圧低下に伴う失神がみられる、意識が消失する、チアノーゼがみられる、呼吸困難になる、胸内苦悶がある、冷感がある、嘔吐する、顔が赤くなる、痒みがある、蕁麻疹(じんましん)がでる、痺れる(しびれる)、動悸がする、息切れする等
アナフィラキシー様症状 紅斑ができる、悪寒がする、口腔咽頭浮腫ができる、口内の違和感がある、かゆみがある、くしゃみする、顔面紅潮がみられる、熱感がある、吐き気がする、嘔吐する、尿意がある、便意がある、そう痒感がある、全身発赤がみられる、顔面や喉頭に浮腫ができる、呼吸困難になる、血圧が低下する、喘鳴(えんめい)が聞こえる、血管浮腫ができる、不快感がある、眩暈(めまい)がする、耳鳴がする、発汗する等
皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群) 皮膚がまだら模様に赤くなる、皮膚に水脹れが出る(各種皮膚障害)、発熱する、関節の痛みがある、目が充血する等
中毒性表皮壊死症(Lyell症候群もしくはToxic Epidermal Necrolysis:TEN) 皮膚が赤くなる、皮膚が焼けるように痛む、皮膚に水脹れが出る(各種皮膚障害)、発熱する、口内が荒れる等
肝機能障害 倦怠感が増大する、食欲が低下する、呼吸困難になる、吐き気がする、常に眠い状態、黄疸がでる、AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、γ-GTP値が上昇する、総ビリルビン値等が上昇する等
黄疸 嘔気がある、嘔吐する、食欲不振になる、倦怠感がある、そう痒等がある、皮膚や白目が黄色くなる、下痢する、全身の脱力感がある、38度から39度の発熱がでる、ブツブツ状の発疹ができる等
間質性肺炎 発熱する、咳嗽(がいそう)が聞こえる、呼吸困難になる、胸部X線異常がみられる、好酸球が増多する、動悸がする、息切れする等
喘息発作 息切れする、せきがでる、胸が締めつけられるような感じになる、喉に異変が生じる、ヒューヒュー鳴る、息苦しい等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
皮膚 発疹がでる、発赤がみられる、かゆみがある、湿疹ができる
消化器 口が渇く、悪心がある、嘔吐する、食欲不振になる、便秘になる、胃痛がある
精神神経系 眩暈(めまい)がする、眠気がある
連用により 胃潰瘍ができる、十二指腸潰瘍ができる、肝障害がある、腎障害がある

 

パブロンについて

パブロンの歴史は古く、1927年まで遡ります。

まず、1927年に咳止め薬として販売されました。

そして、1955年より、総合感冒薬として発売され、様々な製品が販売されてきました。

持病やアレルギーのある方は、事前に医師とご相談ください。

本剤の服用前後には、アルコール(お酒)を控えてください。

眠気等が発現する可能性があるため、本剤服用後は車の運転や危険を伴う作業等は控えてください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
・本剤や他の風邪薬、解熱鎮痛薬を服用した際、喘息の既往歴のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・妊婦
・妊娠している可能性のある方
・授乳婦の方
・薬等で過敏症状(アレルギー)の既往歴のある方
・次の症状のある方
  ・高熱
  ・排尿困難
・次の診断を受けた方
  ・心臓病
  ・肝臓病
  ・腎臓病
  ・胃潰瘍
  ・十二指腸潰瘍
  ・緑内障

以下の薬剤との併用は、基本的に禁忌です。ご利用されている方は、医師とご相談ください。

・他の風邪薬
・解熱鎮痛薬
・鎮静薬
・鎮咳去痰薬
・抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等
  ・鼻炎用内服薬
  ・乗物酔い薬
  ・アレルギー用薬等

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、医師とご相談ください。

・アルコール(お酒)

長期の連用は、避けてください。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑