ドリエルによる副作用

公開日: 

ドリエルとは

ドリエル(Drewell)とは、睡眠改善薬です。

一般市販薬で、一時的な不眠症状を緩和する作用があります。

脳内にあるヒスタミンは、受容体に結合することにより脳を覚醒させます。

ドリエルの主成分である、ジフェンヒドラミン塩酸塩(Diphenhydramine Hydrochloride)は、このヒスタミンの受容体をブロックすることにより覚醒作用を抑制します。

この抑制により催眠鎮静作用が発現し、自然に近い眠りに導く作用が期待されます。

上述の通り本剤は、第一世代の抗ヒスタミン薬です。

つまりアレルギー症状を緩和する薬を服用すると眠気を催すことがありますが、この副作用を逆手に取って睡眠改善に利用したお薬になります。

適応症は以下の通りです。

・一時的な不眠の次の症状の緩和
  ・寝つきが悪い
  ・眠りが浅い
  ・ストレスによる不眠
  ・疲れているが神経が高ぶって眠れない
  ・心配ごとで夜中に目が覚める
  ・不規則な生活で睡眠リズムが狂い寝つけない

ドリエルは、エスエス製薬株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

ドリエルの主な副作用は、以下の通りです。

・眠気がある
・悪心がある
・頭痛がする
・多夢になる
・心高部痛がある
・夢・気分不快になる
・起床時の頭重感がある

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用は、特に想定されていません。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
皮膚 発疹ができる、発赤がみられる、かゆみがある
消化器 胃痛がする、悪心がある、嘔吐する、食欲不振になる
精神神経系 眩暈(めまい)がする、頭痛がする、起床時の頭重感がある、昼間の眠気がある、気分不快になる、神経過敏になる、一時的な意識障害(注意力の低下、ねぼけ様症状、判断力の低下、言動の異常等)がみられる
その他 動悸がする、倦怠感がある、排尿困難になる
次の症状の継続又は増強 口が渇く、下痢する

 

ドリエルについて

本剤は、睡眠薬ではありません。市販されている睡眠改善薬です。

睡眠薬が必要な方は、医師とご相談ください。

本剤を服用した場合、車の運転や危険を伴う作業等は控えてください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・15歳未満の方
・日常的に不眠のある方
・不眠症の診断を受けた方

以下の方は、原則禁忌です。

・授乳中の方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・医師による何らかの治療を受けている方
・高齢の方
・これまでに薬等によるアレルギー症状のある方
・排尿困難な方
・緑内障の方
・前立腺肥大の方

以下の薬剤との併用は、基本的に禁忌です。ご利用されている方は、医師とご相談ください。

・他の催眠鎮静薬
・風邪薬
・解熱鎮痛薬
・鎮咳去痰薬
・抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等
  ・鼻炎用内服薬
  ・乗物酔い薬
  ・アレルギー用薬等

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、医師とご相談ください。

・アルコール(飲酒)

以下の注意事項を、お守りください。

・1回量を超えて服用しないでください。
・就寝前以外は服用しないでください。
・最小限の服用に留め、長期連用しないでください。
・2~3回服用服用しても症状がよくならない場合には、医師とご相談ください。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑