バファリンによる副作用

公開日:  最終更新日:2014/11/05

バファリンとは

バファリン(BUFFERIN)とは、昔から現在まで、長期に渡って利用されている、解熱鎮痛消炎剤です。

バファリンは、一般市販薬です。医師からの処方箋は必要なく、薬局などで誰でも購入することができます。

市販薬は、副作用の発症する可能性は低くなっておりますが、全くない訳ではありません。

中には、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)の様な、重篤な副作用になる方もいらっしゃいます。

副作用は、個人差もあり、誰でも発生するものではありません。

しかし、重篤な副作用の場合、ほおっておくと、命にかかわる影響を及ぼしたり、失明など重大な後遺症を引き起こす場合もありますので、服用後、何か変だなと感じたら、速やかに医師に相談してください。

その際には、必ず、服用した薬も、報告した上で、診察を受ける様にしてください。これは、医師の誤診を防ぐためにも、正確な情報を伝えることが重要だからです。

なにより、あなた自身の身体を守るためにも、重要なので、躊躇せず、速やかに行動してください。

スポンサーリンク

主な副作用

バファリンの主な副作用は、胃腸障害です。

次によく聞くのが、肝障害です。

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
中毒性表皮壊死症(Lyell症候群もしくはToxic Epidermal Necrolysis:TEN) 皮膚が赤くなる、皮膚が焼けるように痛む、皮膚に水脹れが出る(各種皮膚障害)、発熱する、口内が荒れる等
皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群) 皮膚がまだら模様に赤くなる、皮膚に水脹れが出る(各種皮膚障害)、発熱する、関節の痛みがでる、目が充血する、目やにがでる、唇がただれる、のどが痛くなる、粘膜がただれる等
アナフィラキシー様症状 紅斑がでる、悪寒がする、口腔咽頭浮腫ができる、口内の違和感がある、かゆみがでる、くしゃみがでる、顔面紅潮する、熱感がある、吐き気がする、嘔吐がある、尿意がある、便意がある、そう痒感がある、全身発赤する、顔面や喉頭に浮腫ができる、呼吸困難になる、血圧が低下する、喘鳴がでる、血管浮腫ができる、不快感がある、眩暈(めまい)がする、耳鳴がする、発汗する等
ショック 血圧低下に伴い失神する、意識が消失する、チアノーゼをおこす、呼吸困難になる、胸内苦悶をおこす、冷感がある、嘔吐する、顔が赤くなる、痒みがある、蕁麻疹(じんましん)がでる、しびれがでる、動悸がする、息切れがする等
出血 脳出血等の頭蓋内出血する(初期症状として:頭痛がする、悪心がある・嘔吐する、意識障害がある、片麻痺がある等)、肺出血する、消化管出血する、鼻出血する、眼底出血する等
再生不良性貧血 発熱する、悪寒がする、手足に赤い点がでる(点状出血)、赤紫のあざがでる、のどの痛みがある、鼻血がでる、歯茎出血する、貧血症状になる等
喘息発作の誘発 息をする際に喉に異変がある、息がヒューヒュー鳴る、息が苦しい等
血小板減少 手足に赤い点がでる(点状出血)、あざができる、鼻血がでる、歯茎から出血する等
消化性潰瘍 胃がもたれる、吐き気がする、痛みがある、空腹時にみぞおちが痛む、便が黒くなる等
白血球減少 風邪等の感染症にかかりやすくなる、風邪等が治りにくくなる
肝機能障害 倦怠感が増大する、食欲が低下する、呼吸が困難になる、吐き気がする、常に眠い状態、黄疸がでる、AST(GOT)値、ALT(GPT)値、γ-GTP値、総ビリルビン値等の上昇等
大腸潰瘍(潰瘍性大腸炎) 血便がでる、頻繁に下痢する、水便がでる、下腹部が痛む、発熱する、体重が減少する等
黄疸 嘔気がある、嘔吐する、食欲不振になる、倦怠感がある、そう痒がある、皮膚や白目が黄色くなる、下痢する、全身脱力感がある、38度から39度の発熱がある、ブツブツ状の発疹がでる等
小腸潰瘍 食後の腹痛が長く継続する(1~3時間)、腹部が張る、吐き気がする、嘔吐する、下痢する等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
精神神経系 めまいがする,興奮する、頭痛がする
消化器 胃腸障害が発生する、嘔吐する、腹痛がする、胸やけがする、便秘になる、下痢する、食道炎になる、口唇腫脹がおこる、吐血する、吐き気がする、悪心がある、食欲不振になる、胃部不快感がある
循環器 血圧が低下する,血管炎になる、心窩部痛がする
過敏症 蕁麻疹(じんましん)がでる、発疹がでる、浮腫ができる
皮膚 そう痒がある,皮疹がでる,膨疹がでる,発汗する
肝臓 AST(GOT)値の上昇,ALT(GPT)値の上昇
血液 貧血になる、血小板の機能が低下する(出血時間延長)
腎臓 腎障害がおこる
呼吸器 過呼吸になる、気管支炎になる、鼻出血がでる、鼻炎になる
感覚器 耳鳴がする、難聴になる
その他 代謝性アシドーシスになる、けん怠感がある
過量投与(大量服用) 悪心がある、嘔吐する、口が渇く、下痢する、頭痛がする、めまいがする、耳鳴りがする、難聴になる、興奮する、痙攣(けいれん)する、過呼吸になる、昏睡になる、発熱する、脱水する

 

バファリンについて

バファリンは、昔から、よく利用されている、アスピリン製剤です。

多くの方に利用されていると言うことは、副作用を起こしている方の数も、比例していらっしゃると言うことです。

もちろん、副作用の出方は、人により様々です。

重大な副作用は、その初期症状を的確にチェックし、素早い対応で、副作用による害を最小限にすることが可能です。

そのため、バファリンだけではなく、お薬を服用した際には、そのお薬が、市販薬であれ、処方薬であれ、いつもと異なる症状があった場合には、速やかに医師へ、ご相談ください。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑