コーラックによる副作用

公開日: 

コーラックとは

コーラック(Colac)とは、便秘薬です。一般市販薬(第2類医薬品)としてよく利用されるお薬です。

主な成分は、ビサコジル(Bisacodyl)で、低下した腸のぜん動運動を刺激し、活発化させることにより、便通を促進させます。

ビサコジルは、坐剤等でよく利用されるお薬で、便秘だけではなく、消化管検査や手術前後に腸をきれいにするために利用されています。

コーラックには、様々なバリエーションがあります。

例えば「コーラックファースト」や「コーラックⅡ」は、上記の主成分の他、便に対して水分を浸透させる作用のあるDSS(ジオクチルソジウムスルホサクシネート)を加えたお薬です。

坐薬タイプのコーラックもあります。

適応症は以下の通りです。

(コーラック)
・慢性便秘
・常習性便秘

(コーラックファースト)
(コーラックⅡ)
・便秘
・便秘に伴う次の症状の緩和:
  ・頭重
  ・のぼせ
  ・肌あれ
  ・吹出物
  ・食欲不振(食欲減退)
  ・腹部膨満
  ・腸内異常発酵
  ・痔

本剤は、大正製薬株式会社から製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

コーラックの主な副作用は、以下の通りです。

・腹痛がする
・下痢する

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用は、特にありません。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
消化器 はげしい腹痛がする、吐き気がする、嘔吐する
次の症状の持続や増強 下痢する

 

コーラックについて

本剤は、市販の便秘薬です。

利用に際しては、添付の説明書をよく読んで用量・用法等、利用法をお守りください。

5層のコートで主成分が胃で溶けない様にしてあります。これは有効成分が腸で効く様にする仕組みです。

そのため、かみ砕いたりしないで、そのままお飲みください。

持病やアレルギーのある方は、事前に医師とご相談ください。

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・医師の治療を受けている方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・次の症状のある方
  ・激しい腹痛がする
  ・吐き気がする
  ・嘔吐する

以下の薬剤との併用は、基本的に禁忌です。ご利用されている方は、医師とご相談ください。

・他の瀉下薬(下剤)

以下の薬剤等を飲んでから1時間以内に服用すると胃で薬剤が溶け出してしまうため効果が発現しない場合がありますので、避けてください。

・制酸剤
・牛乳

長期間に渡って利用すると、腸のぜん動運動が低下する可能性がありますので、必要な期間だけ利用する様、心がけましょう。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑