シムビコートタービュヘイラーによる副作用

公開日: 

シムビコートタービュヘイラーとは

シムビコートタービュヘイラー(Symbicort Turbuhaler)とは、炎症を抑え気道を広げるお薬です。

気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)等の治療に利用されます。

主成分は2つあります。

1つは、ブデソニド(Budesonide)で、強力なステロイド剤です。気道等の炎症を強力に抑制します。

もう1つは、ホルモテロールフマル酸塩水和物(Formoterol Fumarate Hydrate)で、気管支を広げる作用があります。

気管平滑筋の交感神経にある「β2受容体」に働きかけることにより、気管平滑筋を弛緩させ、結果として気管支を広げます。

ホルモテロールフマル酸塩水和物は、上記の作用によりβ2刺激薬と呼ばれ、β2の選択性が高く、速効性と、持効性があり、また安全性も高いと言われています。

これら2つの成分により、呼吸機能を改善する高い効果が期待されます。

適応症は、以下の通りです。

・気管支喘息
 (吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合)
・慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解
 (吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合)

本剤は、アストラゼネカ株式会社、アステラス製薬株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

シムビコートタービュヘイラーの主な副作用は、以下の通りです。

(気管支喘息に利用する場合)
・嗄声がみられる
・筋痙攣(けいれん)がみられる
・動悸がする
・咽喉頭疼痛がある
・口腔カンジダ症になる
・口腔咽頭痛がある
・口腔咽頭不快感がある

(慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)に利用する場合)
・嗄声がみられる
・肺炎になる

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
アナフィラキシー様症状 紅斑ができる、悪寒がする、口腔咽頭浮腫ができる、口内の違和感がある、かゆみがある、くしゃみをする、顔面紅潮がみられる、熱感がある、吐き気がする、嘔吐する、尿意がある、便意がある、そう痒感がある、全身発赤がみられる、顔面や喉頭に浮腫ができる、呼吸困難になる、血圧が低下する、喘鳴(ぜんめい)がきこえる、血管浮腫ができる、不快感がある、眩暈(めまい)がする、耳鳴がする、発汗する等
重篤な血清カリウム値低下 心臓の動悸が激しい、脈が飛ぶ、足がだるい、手足が痺れる、腹部の痛みがある、吐き気がする、筋力が低下する、筋肉痛になる、痙攣(けいれん)する、便秘になる、神経機能が低下する、不安になる、イライラする、抑うつになる、睡眠障害がみられる、虚弱になる、血圧が上昇する、ドライスキンがみられる等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
過敏症 発疹ができる、蕁麻疹(じんましん)がでる、接触性皮膚炎になる、血管浮腫等の過敏症状がみられる
口腔・呼吸器 嗄声がみられる、咽喉頭の刺激感がある、口腔カンジダ症になる、咳嗽(がいそう)がみられる、感染がみられる、気管支痙攣がおこる
消化器 悪心がある
精神神経系 頭痛がする、振戦がみられる、神経過敏になる、激越がみられる、情緒不安になる、眩暈(めまい)がする、睡眠障害になる、抑うつがみられる、行動障害がみられる
循環器 動悸がする、不整脈(心房細動、上室性頻脈、期外収縮等)がみられる、頻脈になる、狭心症になる、血圧が上昇する
筋・骨格系 筋痙攣(けいれん)がおこる
内分泌 高血糖になる
その他 皮膚挫傷がみられる
過量投与(ブデソニド) 副腎皮質系機能の低下がみられる
過量投与(ホルモテロールフマル酸塩水和物) 動悸がする、頻脈になる、不整脈がみられる、振戦がみられる、頭痛がする、筋痙攣(けいれん)がみられる。重篤な症状:血圧が低下、代謝性アシドーシスがみられる、低カリウム血症になる、高血糖になる、心室性不整脈がある、心停止する等

 

シムビコートタービュヘイラーについて

本剤は、ドライパウダーによる吸入式で、効率良く吸入可能な様に専用の吸入器具(タービュヘイラー)により、吸入します。

ステロイドの抗炎症作用は、気道の炎症起因物質であるサイトカイン、マスト細胞、好酸球等を減らす作用があると言われています。

特に本剤の主成分である、ブデソニドは、全身性の副作用の発現が少ないとの報告があります。

持病やアレルギーのある方は、事前に医師とご相談ください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・有効な抗菌剤の存在しない感染症や、深在性真菌症のある方
・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方

以下の方は、原則禁忌です。

・結核性疾患のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・感染症のある方
・甲状腺機能亢進症のある方
・高血圧の方
・心疾患のある方
・糖尿病の方
・低カリウム血症の方
・重度の肝機能障害のある方
・高齢の方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・授乳婦の方
・小児等

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、医師とご相談ください。

・CYP3A4阻害剤
  ・イトラコナゾール等
・カテコールアミン
  ・アドレナリン
  ・イソプレナリン等
・キサンチン誘導体
  ・テオフィリン
  ・アミノフィリン等
・全身性ステロイド剤
  ・プレドニゾロン
  ・ベタメタゾン等
・利尿剤
  ・フロセミド等
・β遮断剤
  ・アテノロール等
・QT間隔延長を起こすことが知られている薬剤
  ・抗不整脈剤
  ・三環系抗うつ剤等

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑