ジェニナックによる副作用

公開日:  最終更新日:2017/08/11

ジェニナックとは

ジェニナック(Geninax)とは、細菌を殺菌するための抗生物質です。

原因が細菌の様々な症状や病気に利用されています。

主成分のメシル酸ガレノキサシン水和物(Garenoxacin Mesilate Hydrate)は、細菌のDNA(遺伝情報物質)の複製を阻害することにより細菌の増殖を殺菌的に抑制します。

適応菌種は、以下の通りです。

・ガレノキサシンに感性のブドウ球菌属
・レンサ球菌属
・肺炎球菌(ペニシリン耐性肺炎球菌を含む)
・モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス
・大腸菌・クレブシエラ属
・エンテロバクター属
・インフルエンザ菌
・レジオネラ・ニューモフィラ
・肺炎クラミジア(クラミジア・ニューモニエ)
・肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ)

多剤耐性肺炎球菌を含め肺炎球菌への強い抗菌作用があります。また、新しい耐性菌の発現が少ないとの報告もあります。

適応症は、以下の通りです。

・咽頭炎(いんとうえん)
・喉頭炎(こうとうえん)
・扁桃炎(扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍を含む)
・急性気管支炎
・肺炎
・慢性呼吸器病変の二次感染
・中耳炎
・副鼻腔炎(ふくびくうえん)

本剤は、アステラス製薬株式会社、大正富山医薬品株式会社、富山化学工業株式会社により、製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

ジェニナックの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・下痢する
・頭痛がする
・軟便になる

主な臨床検査値の異常は、以下の通りです。

・ALT(GPT)値が増加する
・AST(GOT)値が増加する
・血中アミラーゼ値が増加する

雨アラート
開発元:Team White
価格:無料

雨域の接近を通知するアンドロイドアプリです。
外出や洗濯物のタイミングにとても便利。動作は日本付近限定です。
必要最小限の機能で省電力設計。これ1つ入れておくだけで以外と役に立ちます

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
ショック 血圧低下に伴い失神する、意識消失がみられる、チアノーゼがみられる、呼吸困難になる、胸内苦悶がある、冷感がある、嘔吐する、顔が赤くなる、痒みがある、蕁麻疹(じんましん)がでる、痺れる(しびれる)、動悸がする、息切れする等
アナフィラキシー様症状 紅斑がでる、悪寒がする、口腔咽頭浮腫ができる、口内の違和感がある、かゆみがある、くしゃみをする、顔面紅潮がみられる、熱感がある、吐き気がする、嘔吐する、尿意がある、便意がある、そう痒感がある、全身発赤がみられる、顔面や喉頭浮腫ができる、呼吸困難になる、血圧が低下する、喘鳴(ぜんめい)がきこえる、血管浮腫ができる、不快感がある、眩暈(めまい)がする、耳鳴がする、発汗する等
皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群) 皮膚がまだら模様に赤くなる、皮膚に水脹れが出る(各種皮膚障害)、発熱する、関節の痛みがある、目の充血がみられる等
徐脈 脈拍数が平均値より低い(1分間に60回以下)、動悸がする、脈が飛ぶ、数秒以上の心臓の停止がみられる等
洞停止 P波の長時間脱落がみられる、一時的な拍動の停止がある等
房室ブロック 軽度の場合は殆ど症状なし。重くなると息切れする、嘔気がある、眩暈(めまい)がする、意識がなくなる等
劇症肝炎 白眼や皮膚が黄色くなる、発熱する、吐き気がする、全身がだるい、AST(GOT)値が著しく上昇する、ALT(GPT)値が著しく上昇する、γ-GTP値が著しく上昇する、Al-P値が著しく上昇する等
肝機能障害 倦怠感が増大する、食欲が低下する、呼吸が困難になる、吐き気がする、常に眠い状態、黄疸がでる、AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、γ-GTP値が上昇する、総ビリルビン値が上昇する等
低血糖 脱力感がある、冷や汗がでる、急激な空腹感がある、悪寒がある、動悸がする、手が震える、集中力が低下する、痙攣(けいれん)する、意識障害がみられる、低血糖性昏睡に至る例の報告もある
偽膜性大腸炎(クロストリジウム性大腸炎) 発熱する、頻回の下痢がみられる、激しい腹痛がある、血液便がでる、下血する等
無顆粒球症 発熱する、咽頭痛になる、倦怠感がある、口内炎ができる等
血小板減少 手足に赤い点(点状出血)ができる、あざができる、鼻血がでる、歯茎の出血がみられる等
横紋筋融解症 手足肩を中心とした筋肉痛やこわばりがある、手足がしびれる、赤褐色の尿がでる、脱力感がある、CK(CPK)値が上昇する、血中及び尿中ミオグロビン値が上昇する等、急激な腎機能の悪化を伴う
幻覚 実在しないものが聴こえる(幻聴)、見える(幻視)、感じる(体感幻覚)等
譫妄(せんもう) イライラする、疲れが取れない、不眠になる、強い倦怠感がある、下痢する、動悸がする等
痙攣(けいれん) 興奮状態が継続する、怒りっぽい、ぼんやりする、よろめく、吐き気がする、眩暈(めまい)がする、下肢コントロールが不能になる、筋肉の付随現象がみられる等
間質性肺炎 発熱する、咳嗽(がいそう)がみられる、呼吸困難になる、胸部X線異常がみられる、好酸球が増多する、動悸がする、息切れする等
好酸球性肺炎 発熱する、咳嗽(がいそう)がみられる、呼吸困難になる、胸部X線異常がみられる、好酸球が増多する、胸の痛みがある、から咳がでる、息切れする等
重症筋無力症の悪化 重症筋無力症の方で症状が悪化する(まぶたが開かない、飲み込みにくい、複視がみられる、運動した際に筋肉の疲労感がある等)
中毒性表皮壊死症(Lyell症候群もしくはToxic Epidermal Necrolysis:TEN) 皮膚が赤くなる、皮膚が焼けるように痛む、皮膚に水脹れが出る(各種皮膚障害)、発熱する、口内が荒れる等
心室性頻拍(Torsades de Pointesを含む) 脈が抜ける、脈が跳ぶ、動悸がする、胸痛がある、胸部不快感がある、心拍数が増大する、血圧が低下する、脳虚血(のうきょけつ)症状(めまい、ふらつき、失神)がみられる等
QT延長 脈が乱れる、立ち眩みがする、意識を失う等
急性腎不全 尿量が減少する、尿が赤みがかる、腹痛がする、吐き気がする、下痢する、脱力感がある、関節の痛みがある、顔や手足のむくみがみられる等
間質性腎炎 発熱する、関節の痛みがある、吐き気がする、下痢する、尿が濁る等
高血糖 喉が渇く、身体がだるい、尿量が増加する、空腹感がある、皮膚が乾燥し痒い、風邪を引き易い、傷の治りが遅い等
汎血球減少症 全身がだるい、階段等を上る際に息切れする、動悸がする、頭重がある、頭痛がする、眩暈(めまい)がする、鼻血がでる、耳鳴りする、皮下出血がある、歯茎の出血がある等
アキレス腱炎 腱周辺が痛む、腫れる、赤くなる、痒みがある、浮腫ができる等の症状等
腱断裂等の腱障害 腱の疼痛がある、腱周辺の炎症がある、浮腫ができる等の症状等
血管炎 発疹ができる、足や腕に紫色や赤いアザができる、全身がだるい、発熱する、尿が赤い等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
過敏症 光線過敏症になる、発疹ができる、湿疹ができる、紅斑がみられる、皮膚炎になる、そう痒症になる、潮紅がみられる、眼瞼浮腫ができる、アレルギー性結膜炎になる、眼そう痒症になる
肝臓 AST(GOT)値が増加する、ALT(GPT)値が増加する、γ-GTP値が増加する、血中ALP値が増加する、血中LDH値が増加する、ビリルビン値が増加する、尿中ウロビリンが陽性になる
腎臓 尿中蛋白が陽性になる、血中クレアチニン値が増加する、尿中ブドウ糖が陽性になる、頻尿になる、BUN値が増加する、尿中白血球が陽性になる、尿中赤血球が陽性になる、尿円柱がみられる
消化器 下痢する、軟便になる、便秘する、血中アミラーゼ値が増加する、悪心がある、嘔吐する、腹痛がある、食欲が不振になる、腹部膨満がみられる、口が渇く、舌炎がみられる、口唇炎ができる、胃や腹部不快感がある、消化不良になる、異常便がでる、口内炎ができる、舌苔がみられる
血液 好酸球数が増加する、白血球数が減少する、リンパ球形態異常がみられる、血小板数が増加する、ヘモグロビン値が減少する、好中球数が減少する、赤血球数が減少する、ヘマトクリット値が減少する、血小板数が減少する、リンパ球数が増加する、リンパ球数が減少する、単球数が増加する
代謝異常 血中カリウム値が増加する、血中ブドウ糖値が増加する、血中ブドウ糖値が減少する、血中塩化物値が減少する、血中カリウム値が減少する、血中ナトリウム値が減少する
循環器 血圧が低下する、心電図QT延長がみられる、徐脈になる、心不全になる、心房細動がみられる、洞性不整脈がみられる、心室性二段脈がみられる、動悸がする、胸部不快感がある、胸痛がする、血圧が上昇する、心電図異常P波がみられる、心電図ST-T変化がみられる
精神神経系 振戦がみられる、頭痛がする、傾眠がみられる、不眠症になる、浮動性めまいがある、痺れ(しびれ)がある
筋・骨格 背部痛がある、関節痛がある、筋痛がある、筋痙攣(けいれん)がみられる、足底筋膜炎になる
呼吸器 喘息になる、血痰がでる、鼻出血がみられる、鼻閉になる、鼻道刺激感がみられる、咽喉頭疼痛がある、気胸になる、鼻漏になる、上気道の炎症がみられる、鼻咽頭炎になる、咽喉頭炎になる
その他 血中CK(CPK)値が増加する、CRP値が増加する、寒冷凝集素陽性がみられる、味覚障害がある、倦怠感がある、熱感がある、異常感がある、結膜出血がみられる、眼痛がある、眼の充血がみられる、色覚異常がみられる、単純ヘルペス

 

ジェニナックについて

持病やアレルギーのある方、妊娠中の方は、事前に医師とご相談ください。

意識障害等がみられる場合があるため、車の運転や危険を伴う作業等は、控えてください。

飲み忘れた場合には、なるべく早く飲む様にしてください。

但し、忘れたからと言って、2回分以上を一度に飲むのは絶対にやめてください。

もし多く飲んでしまった場合には、医師や薬剤師と相談してください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・キノロン系抗菌剤に対して過敏症の既往歴のある方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・小児

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・てんかん等の痙攣性疾患のある方
・てんかん等の痙攣性疾患の既往歴のある方
・QT延長のある方
・糖尿病や耐糖能異常のある方
・収縮期血圧が90mmHg以下の方
・重症筋無力症の方

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、医師とご相談ください。

・以下を含有する製剤、制酸剤、ミネラル入りビタミン剤等
  ・アルミニウム
  ・マグネシウム
  ・カルシウム
  ・鉄
  ・亜鉛
・ニトログリセリン
・硝酸イソソルビド
・クラスIA抗不整脈薬
  ・キニジン
  ・プロカインアミド等
・クラスIII抗不整脈薬
  ・アミオダロン
  ・ソタロール等
・フェニル酢酸系
  ・プロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛剤
・テオフィリン
・アミノフィリン水和物
・ワルファリン
・降圧作用を有する薬剤(降圧剤、利尿剤等)
・血糖降下剤

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑