オゼックスによる副作用

公開日:  最終更新日:2017/08/10

オゼックスとは

オゼックス(OZEX)とは、感染症の原因となる細菌を殺菌するためのお薬です。

本剤の主成分は、トスフロキサシントシル酸塩水和物(Tosufloxacin Tosilate Hydrate)で、細菌が増殖する際に遺伝情報物質(DNA)を複製するのを邪魔することにより殺菌的に作用します。

比較的新しいお薬で、これまでの抗菌剤と比較して抗菌力が強く、病巣への移行も良く、様々な細菌に対して効果があります。

適応菌種は以下の通りです。

・トスフロキサシンに感性のブドウ球菌属
・レンサ球菌属
・肺炎球菌(ペニシリン耐性肺炎球菌を含む)
・腸球菌属
・淋菌
・モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス
・炭疽菌
・大腸菌
・赤痢菌
・サルモネラ属
・チフス菌
・パラチフス菌
・シトロバクター属
・クレブシエラ属
・エンテロバクター属
・セラチア属
・プロテウス属
・モルガネラ・モルガニー
・プロビデンシア属
・コレラ菌
・インフルエンザ菌
・緑膿菌
・バークホルデリア・セパシア
・ステノトロホモナス(ザントモナス)・マルトフィリア
・アシネトバクター属
・ペプトストレプトコッカス属
・バクテロイデス属
・プレボテラ属
・アクネ菌
・トラコーマクラミジア(クラミジア・トラコマティス)

適応症は以下の通りです。

・表在性皮膚感染症
・深在性皮膚感染症
・リンパ管炎
・リンパ節炎
・慢性膿皮症
・ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの)
・外傷、熱傷及び手術創等の二次感染
・乳腺炎
・肛門周囲膿瘍
・骨髄炎
・関節炎
・咽頭炎
・喉頭炎
・扁桃炎(扁桃周囲膿瘍を含む)
・急性気管支炎
・肺炎
・慢性呼吸器病変の二次感染
・膀胱炎
・腎盂腎炎
・前立腺炎(急性症、慢性症)
・精巣上体炎(副睾丸炎)
・尿道炎
・胆嚢炎
・胆管炎
・感染性腸炎
・腸チフス
・パラチフス
・コレラ
・バルトリン腺炎
・子宮内感染
・子宮付属器炎
・涙嚢炎
・麦粒腫
・瞼板腺炎
・外耳炎
・中耳炎
・副鼻腔炎
・化膿性唾液腺炎
・歯周組織炎
・歯冠周囲炎
・顎炎
・炭疽

本剤は、富山化学工業株式会社、及び、大正富山医薬品株式会社により製造販売されています。

スポンサーリンク

主な副作用

オゼックスの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

・発疹ができる
・胃部不快感がある
・腹部不快感がある
・下痢する
・軟便がでる

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
ショック 血圧低下に伴い失神する、意識が消失する、チアノーゼがみられる、呼吸困難になる、胸内苦悶がある、冷感がある、嘔吐する、顔が赤くなる、痒みがある、蕁麻疹(じんましん)ができる、痺れる(しびれる)、動悸がする、息切れする等
アナフィラキシー様症状 紅斑ができる、悪寒がする、口唇浮腫ができる、咽頭浮腫ができる、口内の違和感がある、かゆみがある、くしゃみする、顔面が紅潮する、熱感がある、吐き気がする、嘔吐する、尿意がある、便意がある、そう痒感がある、全身が発赤する、顔面や喉頭浮腫ができる、呼吸困難になる、血圧が低下する、喘鳴(ぜんめい)がきこえる、血管浮腫ができる、不快感がある、眩暈(めまい)がする、耳鳴がきこえる、発汗する等
中毒性表皮壊死融解症(Toxic EpidermalNecrolysis:TEN) からだがだるい、関節の痛み、皮膚が焼けるように痛む、全身の赤い斑点と破れやすい水ぶくれ(水疱)、発熱、食欲不振口内が荒れる等
皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群) 高熱、陰部の痛み、関節の痛み、ひどい口内炎、唇や口内のただれ、発熱、皮膚がまだら模様に赤くなる、皮膚に水脹れが出る(各種皮膚障害)、中央にむくみをともなった赤い斑点、赤い発疹、まぶたや眼の充血、結膜のただれ、食欲不振、からだがだるい等
痙攣(けいれん) 全身の筋肉がピクピクする、痺れる(しびれる)、チクチクと痛む、瞬間うとうとと眠くなる、失神する、錯乱する、脱力する、膀胱の調節機能が消失する、興奮状態が継続する、怒りっぽくなる、ぼんやりする、よろめく、吐き気がする、眩暈(めまい)がする、下肢のコントロールが不能になる、筋肉の付随現象がみられる等
意識障害(意識喪失等) 吐き気がする、食欲不振になる、腹痛になる、下痢する、強い倦怠感がある、意識レベルが低下する、意識消失がみられる等
急性腎不全 尿量が減少する、尿が赤みがかる、眼がはれぼったい、疲れやすい、からだがだるい、腹痛がある、吐き気がある、下痢する、脱力感がある、関節が痛む、頭痛がする、顔や手足が浮腫む、息苦しい、意識が低下する等
間質性腎炎 発熱する、関節が痛む、吐き気がする、下痢する、尿が濁る等
肝機能障害 倦怠感の増大がみられる、食欲が低下する、呼吸困難になる、吐き気がする、常に眠い状態、黄疸がみられる、AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、γ-GTP値が上昇する、総ビリルビン値が上昇する、劇症肝炎になる等
黄疸 嘔気がある、嘔吐する、食欲不振である、倦怠感がある、そう痒がある、皮膚や白目が黄色くなる、下痢する、全身の脱力感がある、38度~39度の発熱、ブツブツ状の発疹がでる等
無顆粒球症 発熱する、咽頭痛になる、倦怠感がある、口内炎ができる等
血小板減少(血小板減少症) 手足に赤い点(点状出血)ができる、あざができる、鼻血がでる、歯茎の出血がみられる等、死亡例あり
偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎 発熱する、腹痛がする、 頻回の下痢がみられる等
間質性肺炎 発熱する、咳嗽(がいそう)がみられる、呼吸困難になる、胸部X線異常がみられる、好酸球が増多する、動悸がする、息切れする等
好酸球性肺炎 発熱する、咳嗽(がいそう)がきこえる、呼吸困難になる、胸部X線異常がみられる、好酸球が増多する、胸の痛みがある、から咳がでる、息切れする等
横紋筋融解症 手足肩を中心とした筋肉痛やこわばりがみられる、手足のしびれがある、赤褐色の尿がでる、脱力感がある、CK(CPK)値が上昇する、血中及び尿中ミオグロビン値が上昇する等、急激な腎機能悪化を伴う場合がある
低血糖(低血糖症) 脱力感がある、冷や汗がでる、急激な空腹感がある、悪寒がする、動悸がする、手の震えがある、集中力が低下する、痙攣(けいれん)をおこす、意識障害がみられる、低血糖性昏睡に至る場合がある等

 
類薬(他のニューキノロン系抗菌剤)で以下の重大・重篤レベルの副作用として、次の表の症状が想定されています。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
アキレス腱炎 腱周辺が痛む、腫れる、赤くなる、痒みがある、浮腫ができる等の症状等
腱断裂等の腱障害 腱の疼痛がある、腱周辺の炎症がある、浮腫ができる等の症状等
重症筋無力症の悪化 重症筋無力症の方で症状が悪化する(まぶたが開かない、飲み込みにくい、複視がみられる、運動した際に筋肉の疲労感がある等)

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
過敏症 発疹ができる、光線過敏症になる、そう痒感がある、蕁麻疹(じんましん)がでる、発熱する
腎臓 クレアチニン値が上昇する、BUN値が上昇する、血尿がでる
肝臓 AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、Al-P値が上昇する、LDH値が上昇する、γ-GTP値が上昇する、ビリルビン値が上昇する
消化器 胃や腹部に不快感がある、悪心がある、下痢する、軟便がでる、胃痛や腹痛がする、嘔吐する、腹部膨満感がある、食欲不振になる、便秘になる、口内炎ができる、口が渇く、舌炎ができる
血液 白血球が減少する、好酸球が増多する、血小板が減少する、貧血になる
精神神経系 幻覚がみられる、頭痛がする、眩暈(めまい)がする、痺れる(しびれる)、不眠になる、振戦がみられる
その他 関節痛になる、味覚異常がみられる、倦怠感がある

 

雨アラート
開発元:Team White
価格:無料

雨域の接近を通知するアンドロイドアプリです。
外出や洗濯物のタイミングにとても便利。動作は日本付近限定です。
必要最小限の機能で省電力設計。これ1つ入れておくだけで以外と役に立ちます

オゼックスについて

本剤は、ニューキノロン系経口抗菌製剤で、尿路感染症、呼吸器感染症、皮膚感染症、耳鼻科領域の感染症等、様々な領域で利用されている抗生物質です。

この系統の抗菌薬はアレルギーや副作用も少なく、特に本剤は子供にも利用可能なお薬です。

ある種類の鎮痛薬と併用する場合、痙攣(けいれん)を起こし易い傾向があります。

アルミニウムやマグネシウムが含まれている胃腸薬(制酸剤)と共に服用すると、本剤の効力が低下する場合があります。

その場合、2時間以上の間隔をあけて服用してください。

持病やアレルギーのある方は事前に医師とご相談ください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・高度の腎障害のある方
・てんかん等の痙攣性疾患、又は、これらの既往歴のある方
・重症筋無力症の方
・高齢の方
・授乳婦の方
・小児等

以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、飲み合わせにつきまして医師とご相談ください。

・テオフィリン
・アミノフィリン水和物
・フェニル酢酸系
・プロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛剤
・アルミニウム又はマグネシウム含有の制酸剤
・鉄剤
・カルシウム含有製剤

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑