デパケンによる副作用

公開日:  最終更新日:2017/08/12

デパケンとは

デパケン(DEPAKENE)とは、てんかんの発作を防止するお薬です。躁状態や片頭痛にも利用されております。

抗てんかん薬としては、代名詞的に利用されています。

主な成分は、バルプロ酸ナトリウム(Sodium Valproate)で、脳の神経の興奮を抑制する作用があります。

この作用により、てんかんの発作を抑えたり、躁病の治療に利用され、さらに、片頭痛の予防にも利用されています。

また、子供に多い欠神発作(意識消失発作)等、多様な発作に利用されるお薬です。

ここでは、デパケン錠についての副作用を記載します。

スポンサーリンク

主な副作用

デパケンの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。

(てんかん関連利用時)
・傾眠がある
・失調する、フラつく
・嘔気がある、悪心がある、嘔吐する
・食欲不振になる
・胃腸障害になる
・全身に倦怠感がある

比較的、重篤な副作用は少ないお薬ですが、極稀に「急性膵炎」の合併症を発現する場合があります。急激な腹痛や嘔吐があった場合、速やかに医療機関へ。

また、肝臓に負担がかかる傾向のあるお薬なので、これも極めて稀ですが、小児の場合は「急性肝機能障害」になる可能性があります。

雨アラート
開発元:Team White
価格:無料

雨域の接近を通知するアンドロイドアプリです。
外出や洗濯物のタイミングにとても便利。動作は日本付近限定です。
必要最小限の機能で省電力設計。これ1つ入れておくだけで以外と役に立ちます

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
劇症肝炎 白眼や皮膚が黄色くなる、発熱する、吐き気がする、全身がだるい、AST (GOT)値、ALT (GPT)値、γ-GTP値、Al-P値が著しく上昇する等
高アンモニア血症 無気力になる、振戦(ふるえ)がでる、不明瞭な言語、視力が不鮮明になる、タンパク質誘導性の嘔吐をする(タンパク質の摂食によって起こる嘔吐)、昏睡になる等
溶血性貧血 赤い尿が出る、皮膚や白目が黄色くなる、発熱する、貧血になる等
赤芽球癆(せきがきゅうろう) 全身がだるい、頭重になる、頭痛がする、眩暈(めまい)がする、耳鳴りがする、階段や坂を上る際に動悸や息切れがする、貧血になる等
汎血球減少 全身がだるい、階段等を上る際に息切れする、動悸がする、頭重になる、頭痛がする、眩暈(めまい)がする、鼻血がでる、耳鳴りがする、皮下出血がある、歯茎の出血がある等
(重篤な)血小板減少(血小板減少症) 手足に赤い点(点状出血)ができる、アザができる、鼻血がでる、歯茎の出血がある等
顆粒球減少 寒気がする、身震いする、高熱がでる、頭痛がする、筋肉痛がある、のどの痛みがある、肺炎や敗血症との合併症状がでる等
急性膵炎 上腹部痛(みぞおち、左上腹部、背部等)がある、吐き気がする、嘔吐する、腹部膨満感(ふくぶぼうまんかん)がある、食欲不振になる、発熱する、意識障害がある、ショック状態(蒼白、血圧低下など)になる、押されると痛みを強く感じる(圧痛)、押されると腹部が硬くなる(筋性防御(きんせいぼうぎょ))等
間質性腎炎 発熱する、間接の痛みがある、吐き気がする、下痢する、尿が濁る等
ファンコニー症候群 喉の渇く、尿が増加する、発熱する、吐き気がする、食欲不振になる、倦怠感がある、低リン酸血症性くる病になる、低カリウム血症になる、多飲になる等
皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群) 高熱がでる、陰部の痛みがある、関節の痛みがある、ひどい口内炎ができる、唇や口内のただれがある、発熱する、皮膚がまだら模様に赤くなる、皮膚に水脹れが出る(各種皮膚障害)、中央にむくみをともなった赤い斑点ができる、赤い発疹がでる、まぶたや眼の充血がある、結膜のただれがある、食欲不振になる、からだがだるい等
中毒性表皮壊死融解症(Toxic EpidermalNecrolysis:TEN) からだがだるい、関節が痛む、皮膚が焼けるように痛む、全身の赤い斑点と破れやすい水ぶくれ(水疱)ができる、発熱する、食欲不振になる、口内が荒れる等
過敏症症候群 皮膚の広い範囲が赤くなる、高熱(38℃以上)がでる、喉(のど)が痛む、全身がだるい、食欲が出ない、リンパ節がはれる、肝障害がおこる、黄疸がでる、白血球が増加する、発疹(斑状丘疹型ではじまり紅皮症に進展)がでる、顔面の浮腫ができる、関節痛がある、好酸球が増多する、異型リンパ球が出現する、肝脾腫になる、肝機能障害等の臓器障害を伴う遅発性の重篤な過敏症状がでる、ヒトヘルペスウイルス6(HHV-6)等のウイルス再活性化がおこる等(発疹、発熱、肝機能障害等の症状が再燃する、遷延化する可能性あり)
脳の萎縮 知能が低下する、判断力が低下する、脳室が拡大する、神経細胞が脱落や萎縮する、アルツハイマー神経原線維の変化がある、老人斑が発現する等
認知症様症状 健忘(物忘れがひどくなる)になる、見当識障害(日時、場所、人がわからなくなる)がある、思考障害(考える力、理解する力が低下する。計算ができなくなる)がある、認知障害(物事を見分け判断する力が低下する、人違いをする)がある、夜間せん妄(夜になると興奮し言動がおかしくなる)がある、不眠になる、幻覚(げんかく)が見える、妄想(もうそう)する、抑うつになる、徘徊する、暴力的になる、食事や排泄・入浴・着替えなど日々暮らすための基本的な動作ができなくなる、歩行障害になる、嚥下障害になる、膀胱直腸障害になる
パーキンソン様症状 手足がふるえる、体がこわばる・つっぱる、よだれが出る、体が勝手に動く、無表情になる、うまく歩けない(小きざみ歩行になる)、姿勢がおかしくなる、動作が困難になる
横紋筋融解症 手足肩を中心とした筋肉痛やこわばりが発現する、手足が痺れる(しびれる)、赤褐色の尿がでる、脱力感がある、CK(CPK)値が上昇する、血中及び尿中ミオグロビン値が上昇する等、急激な腎機能悪化を伴う場合がある
抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH) 食欲不振になる、嘔気がある、嘔吐する、全身けん怠感がある、むくみのない短期間の体重増加がある、頭痛がする、吐き気がする、低浸透圧血症になる、尿中ナトリウム排泄量が増加する、高張尿がでる、意識障害がある、主に高齢の方に低ナトリウム血症がおこる、痙攣(けいれん)になる等
間質性肺炎 発熱する、咳嗽がある、呼吸困難になる、胸部X線に異常がでる、好酸球が増多する、動悸がする、息切れがする等
好酸球性肺炎 発熱する、咳嗽がある、呼吸困難になる、胸部X線に異常がでる、好酸球が増多する、胸の痛みがする、から咳がでる、息切れする等

 
上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
血液 白血球が減少する、貧血になる、好酸球が増多する、血小板凝集能が低下する、低フィブリノーゲン血症になる
精神神経系 傾眠になる、失調がある、頭痛がする、不眠になる、不穏になる、視覚異常がある、感覚が変化する、振戦(ふるえ)がある、眩暈(めまい)がする、抑うつになる
消化器 悪心がある、嘔吐する、食欲不振になる、胃部不快感がある、便秘になる、口内炎ができる、下痢する、食欲が亢進する、腹痛になる
肝臓 AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する、Al-P値が上昇する
皮膚 脱毛する
過敏症 発疹がでる
その他 けん怠感がある、夜尿がでる、頻尿になる、鼻血がでる、口が渇く、浮腫ができる、月経異常(月経不順、無月経)になる、発熱する、血尿がでる、高アンモニア血症になる、歯肉肥厚になる、体重が増加する、尿失禁する、多嚢胞性卵巣になる、カルニチンが減少する
過量投与 意識障害(傾眠、昏睡)がおこる、痙攣(けいれん)する、呼吸抑制がおこる、高アンモニア血症になる、脳水腫になる

 

デパケンについて

以下の方は、基本的に禁忌なので利用しないこと。

・重篤な肝障害のある方
・カルバペネム系抗生物質を併用する可能性のある方
 (パニペネム・ベタミプロン、メロペネム水和物、
 イミペネム水和物・シラスタチンナトリウム、
 ビアペネム、ドリペネム水和物、テビペネム 
 ピボキシル)
・尿素サイクル異常症の方

以下の方は、原則禁忌です。

・妊婦又は妊娠している可能性のある方

以下の薬剤との併用は、てんかん発作が再発する場合があるため基本的に禁忌です。

・カルバペネム系抗生物質
 ・パニペネム・ベタミプロン(カルベニン)
 ・メロペネム水和物(メロペン)
 ・イミペネム水和物・シラスタチンナトリウム(チエナム)
 ・ビアペネム(オメガシン)
 ・ドリペネム水和物(フィニバックス)
 ・テビペネム ピボキシル(オラペネム)

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑